Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
アプリからの更新が楽な為、最近は
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) 
とアメーバに書いています。
サイドバーのツイッターから飛べます。
ありがとうございます。

Translate

2006年7月20日木曜日

Diving Schoolのレイアウトをみんなで考え中


Fesdu(フェスドゥ)へ移動して約1週間。

毎日ダイビングスクールの出来具合をチェックしに行くと
時々インド人が建物の中で寝ている、、、

なぜかというとここへ来るたいていの労働者は
インド人かバングラデシュ人で何せ彼らは働かない。

働いている人の周りでそれを見ている人は5倍は居る。

それで、やっと窓に窓枠がついた、ドアが6つ付いた。

レイアウトを考えないといけないのでメジャーを使って
棚やラックのサイズをきめて、BCDは何所へ置こうか?とか

フィンやマスクはどうしよう?
レギュレーターのラックは何所へ??
あれこれとみんなで検討しあうのもかなり楽しい!

自分たちで決めたようにダイビングスクールが出来上がるなんて!!
ただ、あまり運動しないので、そして食事も結構美味しいので体重が増えてきているような気が…

明日はハウスリーフのチェックをするので一日スノーケル&素潜りです。

2006年7月9日日曜日

リゾートからリゾートへお引越し


明日、ようやく Rasdho Atoll (ラスドゥ環礁)の Kuramathi (クラマティ)から
Ari Atoll(アリ環礁)のFesdu Island (フェスドゥ アイランド)へ引越しします。

しばらくネットは使えないかもしれません。

使えても日本語が打てないかも、、、ダイブセンターにドアがついてくれたらきっとパソコンも置けるでしょうか?

前回行った時はダイビングセンターはまだ外枠だけでドアもなかったんです。
機材もこのドアが付いて鍵がかけられるようになるまで持ってこないんで
しばらくはスノーケルのみ。

早くダイビングしたいよ〜

2006年7月7日金曜日

[ Fun Dive ] モルディブにてダイビング


久々にファンダイブした。
毎日ダイビングしていてもやっぱり時々仕事をはずして
ダイビングをするのは楽しい、
今日はこの国で一番初めに見たウミウシを発見した。
普段は下ばかり見ていると大物を見逃してしまうので
せわしなくあちこちを見ているのに今日はジーっとしたばかり見ていた。
ニシキフウライウオが隠れていたり、変わった模様のえび。
そういえば、カリブ海に比べてここはロブスターが少ないかも?そしてうつぼの種類はまったく違う。
話は変わって昨日、レストランの側にあるバーにはデッキがあり夕方6:30にスティングレィに餌付けをする。
6:00頃行ってみるとすでにでかーいエイが7匹餌付けされるであろう場所をうろうろ泳いでいる。小さなサメもチラホラしていた。時間になるとライトアップされおじさんがバケツとチップの箱を持ってきた。
その後ろをエイがついてくる、しかもひれをばたばたさせて体に這い上がっている、それも3匹ぐらい同時に四方から
見ていて楽しかったけど、これを毎日していると思うと
環境にはいいのかしら??と疑問に思うのでした。

2006年7月3日月曜日

[ Fesdu ] フェスドゥ アイランド


私がこれから働くリゾートは今まだ建築中、島の名前はフェスドゥと言います。

モルディブの言葉ディベヒ語はスペルが難しいんですがこの島の名前は
どちらかというとシンプルな方です。

リゾートの名前は新しく変わり、「Wリトリート&スパ モルディブ」
と言います。

オープンまで別のリゾートで待機中の私、クラマティというリゾートに居ります。

先日、2日間ほど新しいリゾートの下見&トレーニングへ行ってきました。

まだダイビング機材がまだ無いのでスノーケルでハウスリーフをチェックしてみました。

建設中のごみできっと悲惨なんだろうな、、、などと想像して入ってみると、

見事な珊瑚礁が広がっていて、みんなでかなり盛り上がり2時間近く泳ぎ、

さらに午後はその続きを楽しみました。

カメラを持っていくんだった。。。

Fesduはヨーロッパ人にはかなり人気があるAriAtoll アリ環礁 にあり、

島の周りには有名なダイブサイトがたくさんあるらしいのでとても楽しみ。

でもちゃんとオープンできるまであと2ヶ月はかかりそう。

モルディブに来てすでに1ヶ月半が過ぎようとしています。