Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
アプリからの更新が楽な為、最近は
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) 
とアメーバに書いています。
サイドバーのツイッターから飛べます。
ありがとうございます。

Translate

2012年2月22日水曜日

Jumeirah Dhevanafushi ジュメイラ デヴァナフシ

19日から21日までラグジュアリー リゾートに行って来ました。
今まで働いたことがあるWとかフヴァフェンフシとかと同じカテゴリーなのかしら?
(働いていたからどんな部屋かどんな料理が出るか知っていますが、なかなか自腹ではこられない、Wはお友達価格ですらめちゃ高い!)
One and Onlyリーティラなどと同じようなコンセプトなのかしら?
と言う、まず普通なら私には全く縁のない、こんなところにお金かけるんだったら
安い所に行ってダイビング三昧するわ!みたいな所へ。。。
今回は棚からぼたもちのようにゲストとして滞在出来たのでした。
ロビンソンクラブからスピードボートで10分ほどの所にあるので朝ご飯を食べて
それから支度をして10時出発、ジュメイラはアイランドタイムがマーレ時間より1時間遅いので着いたら11時15分、部屋に一人バトラーが付いていて
彼がお部屋の案内をしてくれました。

部屋の前に着きサンダルを脱いで入ります。。。入ってすぐにプールが、全室プール付きだそうです。


天井が高い!
そして隣の部屋に行くと右側にスタディルーム、 左にミニバーがありました。
ちなみにこの部屋は一番小さい(安い)部屋です。


 コーヒー、お茶、水以外は有料です。
そして次の部屋が、バスルームとクローゼットが一体の部屋。
ひろ〜い!バスタブが大きい!別の入り口からも中に入ってこられる。
 広くってどうやって写真撮ったら良いか分からない

 入って真ん中に洗面台があります。右を向くとクローゼット


 左を向くとシャワーとトイレ。外のシャワーに行こうとする通路が見えるの。
シャワーが雨が降ってるみたいになる
外が見えるからちょっと落ち着かない、、、

 外のシャワーはプールのある入り口に繋がっています。
 この辺まで説明を聞いている間、私は顔がにやけてしまっていました。
贅沢です。。。もったいないです。
大きなスクリーンのテレビでパソコンも開けます。
いくら使ったかのビルもチェック出来て映画や音楽鑑賞も。
 着いた日にはこんなサービスがGMのメッセージとともに。
 毎日フルーツが付いていた。

 外にもベットがありソファーもありテラスからビーチに出られます。
私たちの部屋はスパのすぐ近くでした。
 島はとても小さいのですが、歩いているのはスタッフだけ
ゲストは何処へ?皆さんお部屋にこもっていてレストランもバーもだ〜れも居ません。
スノーケルで島を一周してみました。約1時間半くらいかかりましたが
珊瑚はやっぱり奇麗でした。
ちなみに、Dhevanafusiとはディべヒ語でユニークな島と言う意味だそうで、この島自体の名前はMeradhoo(メラドゥ)と言います。私たちもよくこの辺でダイビングします。


浅瀬にぎっしりの珊瑚!!亀やナポレオンもいました。
環礁のチャンネルがすぐ近くなので結構流れがありました。

 彼はプールが気に入ったらしく頻繁に泳いでいた、、、というか浸かってた。
夜はプールもライトアップされるようでしたがスイッチが見当たらず暗いまま泳いでた。

 滞在中雨がよく降っていたので海で泳いだのは着いた日の昼間ちょこっと
と次の日の夕方のスノーケリングだけでしたが
ここのゲストは何もしないで部屋にこもっているらしい。

実はロビンソンクラブで働いていたスタッフが何人かここに移っていてとっても暇で
簡単だ〜と言っていましたが、、、退屈なんじゃないかな?

レストランへいったんですが誰もいないのです。
でも、レストランがすごく暑い、屋根が無いので日差しが強い風も無い
(屋根があって天井扇とかが無いとただでさえ汗かきの彼は汗でずぶ濡れになってしまう)のでやっぱ部屋に戻ろう。。。
って事になり、ルームサービスを頼んでしまった。。。

水上コテージは今閉鎖中だそうです。でも、ちょこっとボートで行ってみせてもらいました。ビーチがオレンジや茶色のアース系の色でしたが水上コテージはブルーグリーン系の色使いでした。

 プールももちろんインフィニティ、、、大きな作りでした。
何をするにもエクストラチャージでつい値段をロビンソンと比べてみたけど
倍近くします。
朝食で私はJapanese Breakfastを頼んだのですが、
ご飯とみそ汁、卵とたくあん、梅干し、サーモンの切り身付きで42ドル(プラス10%プラス6%)。。。
ご飯おかわりしたかった。 (箸が付いて来なくってフォークで食べちゃったけど)
でもとてもおいしかったです。日本の朝食恋しかったし。
あっ!でも、朝食はインクルーシブだったのかも。。。
これはこの料理に着いてるの?とかいろいろ聞いたら
「何でも好みで付けますよ、どうせタダなんだから」
なんて事をバトラーが言っていました。

棚ぼたのバケーション、ありがとうございました。
滅多にある事ではないので写真撮りまくりましたが、どれを載せたら良いのか分からなくなったのでこの辺で。。。