Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
アプリからの更新が楽な為、最近は
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) 
とアメーバに書いています。
サイドバーのツイッターから飛べます。
ありがとうございます。

Translate

2011年8月28日日曜日

ジュニア スクーバダイバー

今ヨーロピアンの子供が結構来ています。
夏休みだからそうなのかもしれないけど、いいですね家族で旅行。

でも、時々お父さんと娘 とか、お母さんと娘とか、お母さんと息子 という様に両親で来ていないのが多いのもヨーロピアン。
お父さんとお母さんは既に別離してるけど、休暇のときだけ普段一緒に暮らしていない方の親子が会って旅行に出かけたりする事がよく有るみたいです。

もしくはお父さんは忙しいからお母さんだけ来てるの?(そんな事は聞けない 聞けない)
でも聞かなくても大抵会話中にそんな事をゲストが教えてくれるのです。

そして今、毎日12歳の女の子がお母さんとダイビングに来ています。
お母さんはオープンウォーターダイバーで女の子はスクーバダイバー、12mまでしか潜れずダイブマスター以上の人とでなければ潜れない限定付きライセンス。

なので他のダイバーとは別グループで潜ります。
12mしか潜れないのですが、お母さんはほかのグループ に混ざって潜らず一人で少しだけ深い所まで行ったりします。

しかも他のグループがあまり何も見れなかったりして 私たち12m組がいろいろ見れたりしたりするので、はじめはどっちに混ざるか迷っていたお母さんも今は迷わずこちらに混ざっています。

最近気がついたんですが、子供は空気をたくさん使います。。。
見てるとあちこち盛んに動き回ってるから仕方ないですけどね。。。
ムスジコショウダイの赤ちゃんみたいなものか?
大人になってくるとあまり動かなくなるやつ。。。

2011年8月19日金曜日

ゲストから頂いた写真 〜ゲストのエピソード〜

7月末頃から1週間ほど滞在していたゲストからメールが届きました。
お天気にも恵まれ、食事もおいしく、毎日が充実していて、本当に楽しく過ごされたと書いてありました。(^。^)

カップルでいらしていて彼はダイバーでしたが彼女の方は昔は水嫌いだったようです 。
一緒に食事をしたときか体験ダイビング後かな?お話を聞いたときも言っていましたが、メールにも「小学生の時の水泳大会は碁石拾いしか出られず(それも周りが飛び込む水しぶきが怖くて出足が遅れ、数個しか拾えず)、中学はいろんな理由をつけ水泳の授業は休み、高校はプールのないところに行きました。20代は海に腰の高さまで入っただけど、全身にジンマシンが出るしまつ」

そして、彼とお付き合いするようになり、「海の中を見せてあげたい」
という彼の気持ちに答えるように、少しずつ練習してやっとスノーケルは出来る様になったそうです。
4年前にボラボラへ行ったときは、足のつくところ(胸ぐらいの高さ)で彼の腕につかまって浮き、シュノケーリング。そこにお魚が通るのをただ待っていただけと言う感じだったんだそうです。
そんな方が今回体験ダイビングに挑戦しました。
結果はとっても楽しんでもらえたようで、滞在中にもう一度リピート体験ダイブもされましたよ。
彼女よりも彼の方がダイビングをしてる彼女に驚いていたようで、それだけにかなり嬉しかった様子でした。
ダイビングはすべての人のためのものではないですが、今出来なくて怖くても、やってみたいという気持ちがいつか勝てば一度は体験出来るものだと思います。
でも、怖いという気持ちが大きいときはしても楽しくないと思うのであまりお勧めしません
何処かで一度怖いと思いながら最後までダイビングして、もう一度やってみようと思った時はもっと怖いと思うみたいなのです。
大抵初めての体験ダイビングをしたときって、はじめのうちは凄く怖いけど時間が経ったら大丈夫になって、とても奇麗だったし楽しかったという感想がほとんどです。
でも、一度何処かで怖い思いをすると不安な事ばかり頭を過るみたいですね。

こちらは、滞在中にアトリエで作ったスカーフだそうです。ダイビング中に見た時の色を思い出したり、ダイビング中に描いた魚が居ると嬉しくなったりしたそうです。



こちらはダイビングスクールで事務処理などをしてくれているカインちゃん、
ミャンマー出身ですが日本語話せます。





いきなりですがハタの捕食シーン!これは強烈だったみたい私も滅多に見れません。

2011年8月15日月曜日

ちょっと休暇を計画中

このリゾートに来てもうすぐ6ヶ月になります。
大抵は2週間のお休みを貰い何処かへ旅行へ行くか日本へ帰るのですが、来年の春に日本へ行く予定があるのと、「国外に出るにはまずマーレまで飛ばなくては行けないのでその移動に日数が取られると休みが短くなるしな〜」なんて考えていたので今回は休暇を取るのをやめようと思っていました。

でも、、、このところずーっと忙しくお休みも取れずに働いているし9月になったら新しいスタッフが一人入れ替わるし、私たちのボスももう2-3日で休暇から戻ってくるのでちょっと9月の頭、6日頃から1週間ほどお休みを取ろうかと、、、

そしてお休みを利用してちょっと別のリゾートに遊びに行こうかと思い立ったのでした。。。

マーレまで飛ばなくては行けないのは一緒ですがうまく行けばその日のうちにリゾートにつけると思うし、、、そうじゃなくてもマーレで買い物出来る!!
彼も一緒に、そしてダイビングもします!!
でも、まだボスに許可貰っていないのでまだ確定ではないですが、、、でも、きっと大丈夫だよね。いっぱい働いたし。
この時に来る日本人ゲストはあまり居なそうな感じだし。。。

休めるといいな〜

2011年8月10日水曜日

ニュージーランドのお土産

ニュージーランドと言えば「羊」で、おみやげにラノリンクリームとかメリノウールなんかがありますが、実際にニュージーランドへ行くとマヌカハニーと言うものも有名です。
オーストラリアにも有りました。でもこれもニュージーランドからの輸入品でした。

マヌカと言うニュージーランドに生えている、花屋さんで見かけるワックスフラワーとそっくりな花からとれる蜂蜜。
ニュージーランドを出国する時、空港で両替をするのが面倒だったので残ったお金でマヌカハニー関係のものをいろいろ買いました。
その中にマヌカハニーソープがあり、つい最近これを使ってみたらすごくいい!
これで髪を洗ったら髪の毛がスルスルっとしてきしみません。(リンスしてませんよ)
ちょっとなでただけできめ細かい泡が立ち気持ちいいです。
これはいい!
いろいろ試したかったので(リップバームとか日焼け止めとか)買う時に小さい石けんにしたけど、大きいのにすればよかったな。

このメーカーのものはどれもよかった気がします。
ボディーバターもよかった、まだリップバームだけ使ってない です。
日焼け止めはねっとりしていて固い感触が効果が長そうな感じ?

2011年8月7日日曜日

テレビ番組「旅に恋して」に出演しました

先日ロビンソンに来ていたゲストからメールが届き、

「最近、モルディブが懐かしくて、
モルディブが映るテレビを良くみます。

そしたら、なんとびっくり、まりさんが映ってました!
田中律子さんとテレビ映ってたんですね!
びっくりしました!!」

と言うメールとともに私の写真も送ってくれました。

これは去年の3月に収録したものですが、私が去年の暮れに秋田へ帰った時も地元のテレビで放送されていたので結構再放送されているようですね。



こうして時間がたってみると何だか、変な感じです。