Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
アプリからの更新が楽な為、最近は
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) 
とアメーバに書いています。
サイドバーのツイッターから飛べます。
ありがとうございます。

Translate

2011年8月28日日曜日

ジュニア スクーバダイバー

今ヨーロピアンの子供が結構来ています。
夏休みだからそうなのかもしれないけど、いいですね家族で旅行。

でも、時々お父さんと娘 とか、お母さんと娘とか、お母さんと息子 という様に両親で来ていないのが多いのもヨーロピアン。
お父さんとお母さんは既に別離してるけど、休暇のときだけ普段一緒に暮らしていない方の親子が会って旅行に出かけたりする事がよく有るみたいです。

もしくはお父さんは忙しいからお母さんだけ来てるの?(そんな事は聞けない 聞けない)
でも聞かなくても大抵会話中にそんな事をゲストが教えてくれるのです。

そして今、毎日12歳の女の子がお母さんとダイビングに来ています。
お母さんはオープンウォーターダイバーで女の子はスクーバダイバー、12mまでしか潜れずダイブマスター以上の人とでなければ潜れない限定付きライセンス。

なので他のダイバーとは別グループで潜ります。
12mしか潜れないのですが、お母さんはほかのグループ に混ざって潜らず一人で少しだけ深い所まで行ったりします。

しかも他のグループがあまり何も見れなかったりして 私たち12m組がいろいろ見れたりしたりするので、はじめはどっちに混ざるか迷っていたお母さんも今は迷わずこちらに混ざっています。

最近気がついたんですが、子供は空気をたくさん使います。。。
見てるとあちこち盛んに動き回ってるから仕方ないですけどね。。。
ムスジコショウダイの赤ちゃんみたいなものか?
大人になってくるとあまり動かなくなるやつ。。。