Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
スクーバダイビング、フリーダイビングや海の生き物たちに関することについては
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) にも書いています。
ありがとうございます。

Translate

2007年2月23日金曜日

マンタに遭遇しました。


昨日はマンタと一緒にダイビングしました。
逃げる様子もなく近くでひらひらと舞っています。
3匹?3枚?一緒に居ました。
サイズは4メートルくらいではなかったでしょうか?
一緒に写っている魚が50センチくらいです。

2007年2月5日月曜日

たこと握手?

今朝は早起き(6時起床)してアンドレアスと
(私が今レスキューを教えているウィンドサーフィンのインストラクター)
ダイビングに行った。
いくつかのスキルを練習してそれからファンダイビングもした。

サメやフロッグフィシュを見つけ、その後たこが動いているのを発見!!

穴にちょっと隠れてしまったものの、
こちらの様子を伺っているので、
しばらく観察していると、
 私がちょっと顔を引くと、向こうが顔をのぞかせる、
そこで穴の入り口に指を置いてみると、
ジリジリと近寄ってみては離れ吸盤がそろそろと私の指先に伸びてきた。

吸盤が3つか4つ指の周りに吸い付いて様子を伺っている。

その後、穴の中から出てきてからだの色や肌の表面を 変えながら

そろそろと私たちから離れていきました。

タコってとても頭がいいんですよ、そして感情があると思います。

魚よりも人間味がある。

タコ同仕 手をつないでデートしたりするんですよー。