Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
アプリからの更新が楽な為、最近は
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) 
とアメーバに書いています。
サイドバーのツイッターから飛べます。
ありがとうございます。

Translate

2015年8月31日月曜日

一昨日と昨日は月が綺麗でした

バリを出発する前夜は満月の夜で、
仲良くしている友達何人かで普段夕食に行くところよりも遠出をして
峠を二つくらい超えたところへ行きました。

行く途中と帰り道高台から見える満月と月が照らす海がとっても綺麗でした。
夜の海、光に波が反射している様子を眺めてると時間が経つのも忘れてしまいます。

向かった先は、アクアテラスという日本食が食べられるレストラン、日本人の奥さんがいるようでした。
巻き寿司やてんぷら、そしてトンカツとかお好み焼きがありました。
お米も日本のお米のようでしたよ。
コロッケもあったな。

ちょっと遠いのでなかなか行けませんが一応私のバリ最後の夜なんで
ここになったのです。

昨日の夜バリを出て、今朝6時過ぎにシドニーに着きました。
トンガ行きの飛行機は夕方6時半頃なので空港でかなり時間を潰さないと行けません。

今回バージン オーストラリアという航空会社を使いましたが、バリからシドニーは
荷物23キロまでだったのですが、シドニーからトンガまでは20キロだということに今気がつき、、、荷物を整理して着れる服は着込んで量を減らしたんですが、、、大丈夫かな?

バリの空港についてチェックインの時点で27キロもあり、ダイビング器材のレギュレーターやなんかを手荷物にしたらギリギリセーフだったのです。
そこからさらに3キロ減らさねば。。。

ダイビングの器材がなければ楽勝なんですけどね〜
トンガでいらないものを置いてこようかな、、、いらないものはほとんどないんですが、それでも探せば何かありそうです。古くなったラッシュガードとか、気に入ってなかなか捨てられないけど古くなっちゃったTシャツとか。。。

2015年8月28日金曜日

もうすぐトンガ!

前回のエントリーでも書きましたが、来週からトンガへ行ってきます!!ここへは前から行きたいと思っていたのですが偶然、友達も行きたい場所の候補に入っていたので一気に話が盛り上がり今年の2月から計画していたのです。
シドニー経由で行くのですが、こんなに前からチケットを取って泊まるところの確保して計画を練ったのは初めてかもしれません。
お膳立ては全て私の友達がしてくれました。
まさにプライベートの旅行会社が手配してくれたかのようにトントンと話が進みました。
友達はこういうのを計画するのがとても好きみたいです。

トンガはもちろんダイビング目的、特にザトウクジラと泳げる!というのが私のメインの希望。
2週間の日程です。

この間にクジラと泳ぐのは4日間、二つの島に滞在するのでダイビングは8日間だったかな?
水温低そうですよね〜

バリも楽しんでいますが既に心は半分くらいトンガです。

2015年8月27日木曜日

アーメットから車で2時間のロビナ

先週末ちょっと遠出、、、というか違うビーチへ行ってみました。
お友達が住むロビナというところ、バリの北の方にあります。
ここはメイン通りはアーメッドより混雑というか車通りが激しいです。
そこから横に入っていくと可愛い感じのレストランやお店が立ち並び、レストランも
タイ料理屋ベジタリアン、日本食などなどがありました。
あまり間隔を置かずに立っているので小さく固まった感じにお店が密集してる印象でした。
ここの名物はイルカウォッチングツアーと温泉だそうです。
 ホーリーホットスプリングと書いてあります。
朝6時半頃は誰もいなくておじさんがお掃除していました。



 エントランスにいるおじさんに5000ルピアを払います。



お友達が経営するベジタリアンのカフェレストラン[Akar]
奥にスペースがあってゆったりできます。

ダイブショップもありましたがバスでトランベンかマンジャンガンというところへ行くのだそうです。一応フィンとマスクとウエットスーツ持参してきましたが潜りませんでした。

あと、現地の人たちが集まる食堂にも連れて行ってもらいました。
釣れた魚がタライにたくさん入っていて好きなのを選んで料理してもらう、
魚の頭のスープと焼き魚にイカのピリ辛サラダをいただきました。
サンバルという唐辛子と玉ねぎのふりかけのようなご飯と混ぜると美味しいソース?
すごく美味しかったです。
スープも!全て美味しかった〜


やはりその土地のご飯が一番美味しいんですよね〜


ところで、来週から私トンガへ行ってきます。
お友達とダイビング三昧+クジラと泳いできます!
久々に未知の領域でのファンダイビング!

2015年8月26日水曜日

まず自分はこれは譲れないというものありますか?




日本人の奴隷意識をどう変えていくか

私たち日本人にもはや他人の目を気にしている余裕はない。今日からでも敵や中傷者が増えようがやるべきことをやらねばならない。自分の持っている固定観念 をすべて捨て、新しい自分と新しい社会を創造(想像)する必要がある。固定観念は自己の正当化と依存に通じる。依存を断ち切るには中途半端な正当化などは 不要であり、どこまでも正当化ではなく人類と地球と次世代に必要なことを為さねばならない。それは他の人々が不可能だとみなすほど大きなものであろうが、 その不可能さこそが重要である。
つまりこの世界が汚れ「彼ら」の思惑通りになったのは、つまるところ「彼ら」が悪い以上に自分たちが招いたものであるということだ。だから何か変化が起こ るのを待つのではなく、周りが悪いといって変えようとするばかりでなく、まずは自分こそが変化しなければならない。あなたが変わればあなたの行動が変わり 工夫が加わり、あなたの思想に共鳴するものが現れそれはより具現化していくことになる。残念ながら日本人はすでに普通ではないのにいつも普通ばかりを求め ているようだ。それこそが最も異常であり、日本人が他人と違うことを拒絶することにこそ奴隷意識の根幹は存在する。
不良品やふざけた商品、そしてそれを販売する企業の商品を不買すること、某有名なジャンクフードに行くのをやめ、社長や企業姿勢が悪名高いブラック企業の 飲食店や洋服屋や携帯会社を利用するのをやめ、国内や外資系の大手ネット通販業者を利用するのをやめ、牛乳会社の商品を使うのをやめ添加物てんこ盛りのパ ンなどを買うのもやめ、インチキ肉を買うのもやめインチキ魚を買うのもやめ、消費のためにどーでもいいブランドものばかり買うのをやめ、チェーン店に入る のをやめペットショップに行くのをやめ、丈夫で働ける車を買い換えるのはやめ、コンビニなど行くのをやめ、エコ商品を買うのをやめ、その他多くの腐れたも のを買うのをやめよう。
もちろんそれだけでは何も動きはしない。逆にいえば自然農の商品を作っている人の野菜を買ったり、いい畜産をしている人を応援したり、本物の日本商品を 買ったり作るのを応援したり、愚かな芸能界と金回りだけのメディアに市民がカネを出すことなく、よい芸術家や音楽家を応援したり、自然育児をしてくれる保 育園や幼稚園を応援したり、本当のモノづくりができる企業を応援したり、本当に病気が治る医者や歯科医を応援して西洋医学の病院を潰し、薬局のふざけた薬 品たちを廃棄して体にいいものが売られるようにし、原発をとめ放射能を除去するための行動と研究を応援し、一次産業者を増やし二次産業者も増やし、三次産 業以降者は選りすぐって少なく真のプロ化したほうがいい。
人へ情報や口コミを広げて少しずつ周りに伝えるようにしよう。通販をするなら本物を扱っている業者に頼み、地元の店をうまく活用して本物の購買を増やそ う。子どもに本当の情報を提供して考えさせるようにしよう。頭の固い老人たちなど捨て置いて結構である。権威への従属意識を捨て市民自身が動くようにしよ う。政治の腐敗を意識しそれらの政治家や経済界を徹底的に糾弾しよう。自分が周囲に影響を与えられる立場になるのも重要だ。カネに踊らされずカネ以外の価 値観を重んじながらカネも利用しよう。平和のために政治を飛び越えていろんな人々と交流しよう。地球のすべての生物のために地球を浄化する作戦を練ろう。
それこそが今、あなたが生きている目的の一つではなかろうか。

転載終了

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

バリにいても、お店を覗くと加工品や絶対食べたくないものばかりがズラーリと並んで
います。
良質の食用オイルすら見当たらず、
唯一一箇所のお店で買いたいものがあるという感じです。
お店の人にこれはないか?あれはないか?
と見るからになさそうでも聞いてみて何が欲しいかアピールをすることも必要かな、
と思います。
ない場合は何も買わずにお店を出る。

2015年8月17日月曜日

空気パンツが繋いでくれた?不思議な出会い


このエントリーはどこからどう書いたらいいか迷うほど長くなりそうなのですが。。。

実は これは私の記念すべき転機ではないかしら?
と思うような貴重な出会いがありました。

先月私はモルディブを出てバリへ向かう前に、日本へちょこっと寄り道をしました。

日本へ帰る前には、大抵ネットで必要なものをまとめ買いして実家へ送るんです。
昔は1日中水着で過ごすことが多かったのですが 5年くらい前から、やはり日本製の下着は外せない、サイズも製法もそうですが、下着は素材にこだわりオーガニックコットンやシルクをつけるようにしていたんですね、そんな折、 私のお友達が以前「空気ブラはとてもつけ心地がいい」というようなことを書いていたのをふと思い出し、検索してみたら空気パンツというものもあると知りました。

なんだか良さそうな感じです。
大型のネットショップからではなく、 作っている人から直接買いたかったのですが銀行振込とかをしていると間に合いそうにないので、直にお店で買える場所があるかな?と思ったら同じホームページに紹介されていました。
そして、秋田には1件だけある!!しかも秋田市!
早速リンクを辿ってみました。

こちら、オリーブの木  です。

そしたらですね、
サロンへのアクセスなどを見ていたら
私が日本に帰ると必ずやる「よもぎ蒸し」も出来るんですよ。
私、日本に帰るといつもお友達と一緒に東京で「楽座や」というよもぎ蒸しのエステへ行きます。
(とりあえず、空気パンツとヨモギ蒸しについてはいずれ別の機会に書くとします。)

で、そのホームページ なんかスピリチュアルなページでして
その方は「内なる輝きにアクセスするお手伝い」をされているんですね。

あと、私変わった夢もよく見ていたのでこの「内なる輝き」が気になったのです。

そんな興味から、この機会にパンツも買いたいし、ヒーリングセッションを受けてみようかな?と思ってメールを書いてみました。

秋田にいた日数はほんの3日間だったのですが秋田出発日の午前中にうまくタイミングがあいました。

akikoさんという方でお会いしたらまさに秋田美人系の「凛」とした感じかするかた。

でも、話しやすくて、あっという間に時間が経ってしまいました。
クリスタルやいろんな石、それも私が好きな石がたくさんあってそれを使って
色々説明があり、、、(秋田の方は詳しくはリンクを辿ってみてください)
セッション中 色々とハッとさせられることがあり 、、、
そして気持ちがすっきり軽くなる一方、なんだか重大なことを思い出したような気がして
気持ちが一段高くなったような感じでした。

私、5歳か6歳くらいにふっと、あれ?ここにいる私って誰?
なんで私ここにいるんだ?何かすることがあったはずだけどなんだっけ?
という思いがこみ上げてきたんですね。 そしてそれをいつも探していた感じです。

なので、akikoさんに「そういうことなんですね」とおもわず言っていました。

生まれて初めてこのような体験をしましたが、いるんですねそういう方が。
と、目からウロコの1日でした。

その後バリに来て私の友達二人にこの話をしたのですが、実はその友達の一人はすでに
私について似たようなことをするように提案していたので「ほら!俺が言ったこと覚えてる?その人に俺の言ったこと話した?」と言われ、、、そういえばそうだったかも?と思い出したのでした。



なんとなくでも自分がしたいことに自然と人生が流れてきていて
それで良かったんだというのがわかり、やりたいことが仕事に出来て感謝です。


akikoさん、私のことをブログで紹介してくださってます。
ちょっと恥ずかしい、紹介文に恥じないように頑張ります。

こちらー>http://ameblo.jp/akiaki57/entry-12060976584.html



また機会があったら是非伺いたいです。
ありがとうございます。

2015年8月13日木曜日

ペルセウス座の流星群を見ました〜

このところ、流星群が見られるという話を小耳に挟み

昨日はGili Airにて流星群ちょっとだけ見られました。

残念ながら写真は撮れませんでしたがスーッと長い流れ星がゆーっくり流れていき
最後にボォッと赤くなった。

で、思ったんですが空が明るすぎますね、、、バリは、、、
と言うかちょっと面倒くさくて暗闇を探さなかったのもいけないかも?
ビーチよりも高台へ行ったほうがよかったかもしれません。
日本はどうですか?もっとそうかも、ですね。

電気をそんなに使ってどうするの?
もっと暗くてもいいんじゃないの?
と思ってしまいました。

私はクリスマスのイルミネーションが時々木に貼りめぐされているのを見ると
木がかわいそうになります。

雪がたくさん綿飴のように積もっているのは綺麗だな〜って思って、木がかわいそうとは思わないけど。。。

釘なんかで電飾張り巡らされた木は、なぜか許せない。

そんなことしなくても自然には綺麗な星空が時間を追うごとに違った風景を見せてくれるのになぁ〜

今夜は流星群、もっとたくさん見られるそうです。

そして明日は新月ですね〜 お願い事、お願い事。

ちなみに明日ナイトダイブしようかっていう計画が持ち上がっています。
月がないから星がもっと綺麗だし、沖に出たら光がないからもっとたうさん星が見える!

2015年8月9日日曜日

バリ、アーメッドにて

今、アーメッドはウネリが強くてビーチエントリーが楽じゃない。。。
スノーケル無くしたり、フィンをなくしたり波酔いする人も結構いるみたいです。

私は実はこの二日ほど体調を崩して部屋にこもっていました。
高熱が39度8分にまで上がり久々にダウンしました。
原因は不明、食べ物ではないかなぁ、卵かな?
水分補給のみで1日すごして次の日は38度くらいまで下がり夕方くらいには37度になって昨日は通常の体温に変わりました。
それでもまだ本調子ではなかったのですが今日はほぼ回復、明日ぐらいからフリーダイビング再開したいと思います。
これは去年ビーチで見つけたウミウシ
早く潜りたーい
去年出来たロビナに住むお友達、来週には遊びに来てくれるらしいです。

2015年8月8日土曜日

ちょっとだけ懐かしい写真発見

パソコンが重くなってきたので写真を整理していたら
懐かしい写真がたくさん出てきたのでここにアップしてみようかと思います。

すでに2年前の写真、私の誕生日に無人島でバーベキューパーティーをした時のもの。

大男3人と私という組み合わせですが、一人はこの当時のロビンソンのGM、もう一人はF&Bのマネージャー、そして残る一人はアドミンダイレクター(経理部長)。

みんな同じ体型とヘアスタイルなのでどれが誰かは想像にお任せします。

この日はもう一人スパのマネージャーも誘ったのですが気乗りしなかったらしく不参加でこのような組み合わせになってしまったのでした。

11時出発と言っておきながら着いたのはすでに12時を過ぎていたような記憶がありますが、早速無人島に私の足跡をつけてみました。

  島の周りを一周してみたら途中から海に入らないと通れないところもあり、濡れながらもスタート地点に戻ると誰もいない、、、そしたら後ろから私の後をついてきて
自分たちも濡れてしまったっことに騒いでいる声が。







 テントも貼って、焚き火の準備も着々と進んでいきます。





 GMが私の真似をしています、彼だけ出来なかった。










 今はこの三人はバラバラの場所にいて、こんな時期もあったんだな〜と思い出すいい機会になりました。
 空の色が刻々と変わっていく様子が見て取れる写真なので多いかなと思いつつたくさんアップしてしまった。


2015年8月5日水曜日

お国が変わると食も変わる

モルディブのリゾートの食事からバリのローカルもしくはその土地のレストラン食に
変わりましたが。

もともと私がいたリゾートはビュッフェスタイルなので自分でそれなりに選んで食べていました。
今の所、キッチンがないのでバリでもレストラン、いわゆる外食になります。
昨日なんて久々にピザを食べてしまいました。

フリーダイビングをすると朝食はとても早く取り、量も少ないです。
塩入りのお水または白湯を朝一番に飲んで、卵料理(ポーチドエッグが今のお気に入り)
そしてハーブティーか緑茶を時間をかけて飲みます。

昼食も午後に潜る時は軽めに済ませます。
で、夜はまあ普通に食べます。
昨日近くのスーパーのようなコンビニのようなお店に何かナッツ系はないかなぁと思い行ってみたら、私の好きなクルミやアーモンド、カシューナッツは見当たらず、とりあえず殻付きの落花生を見つけたので買いました。

お店にずらりと並んだ食べ物はすべて加工品!食品添加物満載の私はほとんど口にしなくなったものばかり、昔はこれらを食べていたんだなぁと思うと怖くなります。

つい最近モルディブで仲良くなったゲストさんからメールが届き、人間ドックの話が書いてありました。
その人は自転車で色々なレースに参加しており時々その近況報告をしてくださいます。
病院に対する私の個人的な印象や思いを書いたら、

私がブログで紹介した「世にも美しいガンの治し方」http://murakiterumi.com/cancer

のことについて書いていました。

で、私 いつこのエントリー書いたっけ?
と思って履歴を探しても見当たらないので多分ツイッターかフェイスブックで リンクに載せたのかも?と思います。

この話は読んだ友達みんなビックリしています、英語もあるのでみんな読めるし。

で、その方のお返事の中に

「ちゃんとした食べ物と、健康的な活動量を伴う生活と、
ストレスのない笑顔あふれる生活がなによりで、
それができていれば医者など不要!
のはずなのですよね。

3日食べなきゃ、7割治る
おもしろい本でした。
http://danjiking.com/3katabenakya-7warinaoru 」

 とありました。
確かにちょっと具合が悪い時やなんだか疲れている時、食べないで寝ていた方が翌日スッキリしています。

自分の体に聞きながら食べるという技も必要かな、と思います。

2015年8月2日日曜日

今年もバリ島に戻ってきました

バリに到着しました。
今回初めて 私の荷物があのベルトコンベヤーから出てこない、
というハプニンががありました。

どうやらKLに置いてきぼりになったようです。

私の他にもう一人荷物がない!と言っている方がいました。

カウンターで手続きを済ませ同じ日の夜の便できっと届くはずだから
泊まっているホテルまで届けます、と言ってくれました。
空港から車で3時間ほどの場所ですが、、、と言うと大丈夫です届けます。

と言ってくれました、が私は宿は行ってから決めようと思っていたのと
まぁ、友達のところに泊まればいいと思っていたので住所がいまいち定かではなく

メールで連絡します。
ということになり電話番号も渡されてそこにかけるように言われました。
昨日は、久々に近況報告をし合いがてら友達の家に泊まり
新しく仲間に入った子猫とじゃれあって


そして、翌朝の今日 10時頃連絡したら、昨日から連絡を待っていたらしく
速攻で届けてくれました。
だから逆に荷物がない分移動が楽でした。

とりあえずの宿もダイブショップの前にあり、来週からは去年と同じ部屋を借りる手筈も整いました。

なんか、去年と同じ顔ぶれに出会って故郷に帰ってきたって感じです。
モルディブもそうですが、昔住んでいたウティラも、きっと帰ったら顔見知りの知り合いがいて、帰ってきた〜という気になるような気がします。

ただ、どうやらバリは私にとって魂の故郷らしいのです 。。。
この話はまたいずれ別の機会に。

明日は早速フリーダイビング、懐かしの顔ぶれに新しいスタッフも混じり
ワクワクしています。



部屋のバルコニーからはお月見も出来て、朝日も登ります。