Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
スクーバダイビング、フリーダイビングや海の生き物たちに関することについては
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) にも書いています。
ありがとうございます。

Translate

2015年8月31日月曜日

一昨日と昨日は月が綺麗でした

バリを出発する前夜は満月の夜で、
仲良くしている友達何人かで普段夕食に行くところよりも遠出をして
峠を二つくらい超えたところへ行きました。

行く途中と帰り道高台から見える満月と月が照らす海がとっても綺麗でした。
夜の海、光に波が反射している様子を眺めてると時間が経つのも忘れてしまいます。

向かった先は、アクアテラスという日本食が食べられるレストラン、日本人の奥さんがいるようでした。
巻き寿司やてんぷら、そしてトンカツとかお好み焼きがありました。
お米も日本のお米のようでしたよ。
コロッケもあったな。

ちょっと遠いのでなかなか行けませんが一応私のバリ最後の夜なんで
ここになったのです。

昨日の夜バリを出て、今朝6時過ぎにシドニーに着きました。
トンガ行きの飛行機は夕方6時半頃なので空港でかなり時間を潰さないと行けません。

今回バージン オーストラリアという航空会社を使いましたが、バリからシドニーは
荷物23キロまでだったのですが、シドニーからトンガまでは20キロだということに今気がつき、、、荷物を整理して着れる服は着込んで量を減らしたんですが、、、大丈夫かな?

バリの空港についてチェックインの時点で27キロもあり、ダイビング器材のレギュレーターやなんかを手荷物にしたらギリギリセーフだったのです。
そこからさらに3キロ減らさねば。。。

ダイビングの器材がなければ楽勝なんですけどね〜
トンガでいらないものを置いてこようかな、、、いらないものはほとんどないんですが、それでも探せば何かありそうです。古くなったラッシュガードとか、気に入ってなかなか捨てられないけど古くなっちゃったTシャツとか。。。