Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
アプリからの更新が楽な為、最近は
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) 
とアメーバに書いています。
サイドバーのツイッターから飛べます。
ありがとうございます。

Translate

2015年8月27日木曜日

アーメットから車で2時間のロビナ

先週末ちょっと遠出、、、というか違うビーチへ行ってみました。
お友達が住むロビナというところ、バリの北の方にあります。
ここはメイン通りはアーメッドより混雑というか車通りが激しいです。
そこから横に入っていくと可愛い感じのレストランやお店が立ち並び、レストランも
タイ料理屋ベジタリアン、日本食などなどがありました。
あまり間隔を置かずに立っているので小さく固まった感じにお店が密集してる印象でした。
ここの名物はイルカウォッチングツアーと温泉だそうです。
 ホーリーホットスプリングと書いてあります。
朝6時半頃は誰もいなくておじさんがお掃除していました。



 エントランスにいるおじさんに5000ルピアを払います。



お友達が経営するベジタリアンのカフェレストラン[Akar]
奥にスペースがあってゆったりできます。

ダイブショップもありましたがバスでトランベンかマンジャンガンというところへ行くのだそうです。一応フィンとマスクとウエットスーツ持参してきましたが潜りませんでした。

あと、現地の人たちが集まる食堂にも連れて行ってもらいました。
釣れた魚がタライにたくさん入っていて好きなのを選んで料理してもらう、
魚の頭のスープと焼き魚にイカのピリ辛サラダをいただきました。
サンバルという唐辛子と玉ねぎのふりかけのようなご飯と混ぜると美味しいソース?
すごく美味しかったです。
スープも!全て美味しかった〜


やはりその土地のご飯が一番美味しいんですよね〜


ところで、来週から私トンガへ行ってきます。
お友達とダイビング三昧+クジラと泳いできます!
久々に未知の領域でのファンダイビング!