Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
スクーバダイビング、フリーダイビングや海の生き物たちに関することについては
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) にも書いています。
ありがとうございます。

Translate

2006年12月27日水曜日

初めての体験 Rebreather dive リブリーザーダイブ



今年はたくさん違ったところでダイビングができました。
そして違ったタイプのダイビングもできました。
このRebreatherとは、ガスを半リサイクルしているので排気泡ガほとんど出ません、
ということでとっても静、魚にぐぐっと近づけます。
でも、浮力の調整がまったく逆になります。
息を吐くと浮き、吸うと沈みます。
なぜなら吐いた息が背中にしょっている
バッグに入るのでそれが膨らんで浮力が増します。

なれるのにちょっと時間かかります。
でも、本当に魚が逃げません!
楽しかったですよー、でも機材のセッティングがめんどくさいです。

2006年12月25日月曜日

クリスマスイヴですね

明日はクリスマスイブです、
ここリゾートにもやっとクリスマスツリーが飾られました。
でもイマイチ雰囲気がわきません、中米にいた時は
南国とはいっても家の周りにたくさんクリスマスの飾りや
イルミネーションがきらめいて、それらしかったのですが、
ここは、クリスマスの音楽もかからず、ちょっと寂しい感じがします。

クリスマスはどちらかと言うと静かに家族と過ごすもの
というのがクリスチャンの方たちが多い国のしきたりなので
静かなんでしょうね。

大晦日のカウントダウンはどうなるのでしょう??

新しい年をお祝いするので 
きっと盛り上がるに違いないです。

2006年12月22日金曜日

マンタ!!見逃したー

今,日本人のゲストがこのリゾートに何人か来ています。

その内の一人にアドバンスコース+ナイトロックスコースを
教えていますが、

今日は午後にナビゲーションをしました。

砂地で私がリールでラインを延ばしてセットをしていると
その私の頭上をマンタが飛んでいったそうです。

!!!

そうなんです、私は見ていない。

ダイビング終了後に生徒さんにそれを聞いた時は
アー、インストラクターならでわの見逃し!

でも、マンタがハウスリーフにいるということは
また観れるチャンスがあるということで期待します。

そして午前中はダイビングサイトへ移動中にボートの上から
Sail Fishを観ることが出来ました。

4−5回水面へ高く飛び出して大きな背びれをアピールしていました。

かっこいい!

2006年12月16日土曜日

招待状が届いた!

おとといUtilaにいたとき一緒に働いていた
Janina(ヤニーナと発音するんです)から手紙が届いていました!

内容はもう空ける前からわかっていたのですが、
やっぱり手紙がとどくとわくわくしますね。

その手紙は結婚式の招待状、オーストラリアに今は住んでいる
彼女はUtilaにいる時であったSimonと婚約していました。
二人の出会いを知っているのは私ぐらいしかいないらしく
招待状を送る連絡を前もってもらっていたのでした。

式は7月、、、初めてのオーストラリア旅行になりそうです。
やはり近場も回ったほうが良いよね、ニュージーランドとか、フィジーとか?

それと同時に今の職場のティーム リーダーが、
今後はどうするの?と、まだ契約が始まったばかりだというのに質問してきました。
普通は3ヶ月前後で延長するか伝えなくてはいけないのですが、
それまであと2ヶ月はたっぷりあるのに。
ということで、この7月のオーストラリア行きを話したら
バケーションとしていってきても良いような話し振りです。
条件がもっとよくなったら延長してみようかな??
でも、この島は私にはちょっと小さすぎです。

2006年12月13日水曜日

晴天!モルディブ


モルディブに戻ってきました。
水上飛行機からの眺めです。

ここに来るゲストは何となくあまりダイビングに興味がないのか
そんなにたくさんのダイバーが来ません。

かなりダイビングの条件がいいのに、、
でも、ここモルディブではやはり1−2週間の予定で来るので
そんなに毎日ダイビングをしようとか、教科書を読んで
講習を受けようという気にならないらしく
ファンダイブのガイドや体験ダイビングをしにくる人がほとんどです。

で、この1年ほとんどダイビングの講習を教えていません。
年間600本くらいは楽に潜っていたのに今年は
100本ちょっとなのではないでしょうか?

もちろんレスキューやダイブマスターを教えることは全くありませんでした。
が、このごろウォータースポーツで働くウィンドサーフィンのインストラクターが、
この島にいるまでにダイブマスターになる!
といってきて久々にトレーニングが出来そうです。
後3ヶ月しかないけどここで仕事しながら果たしてどこまで取れるのでしょうか??