Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
スクーバダイビング、フリーダイビングや海の生き物たちに関することについては
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) にも書いています。
ありがとうございます。

Translate

2009年11月26日木曜日

アーユルヴェーダな生活

前回に続きライフスタイルのことなのですが私は10年以上前からアーユルヴェーダに興味が有り、ここ最近の生活習慣になっております。
でも、ここモルディブでは出来ないこともあります。
一番は自分で料理が出来ないので食生活はちょっと偏っているかも。
食べる時は6種類の味があるといいので甘味/酸味/塩味/辛味/苦味/渋味など見つけ出すのが難しい。
でも、ヨガは毎日しています。ここにはヨガマットも持参しました。

朝6時頃に起きて寝床で軽くストレッチ、窓を開けて深呼吸。
歯磨き、そして舌の洗浄、白湯を一杯飲みます。
トイレを済ませてシャワーを浴びてからヨガを45分ほどします。
制服に着替えて(この制服、私はイマイチ好きではない)朝食へ出かけます。
もう一度歯磨きに戻ってから8時20分頃に出勤です。
出勤といっても歩いて2−3分ですが。

そしてなるべく早く寝ます。
ここではマーレよりも1時間遅いのでマーレ時間で9時半ここの時間で10時半にはベットに入っています。

休みの日でも朝食が9時半で終わってしまうのでちょっとだけ遅く起きますが
ほぼ同じスケジュール、ヨガを昼食前などにすることもあります。
起きてから時間が経っている方が体が柔らかくて楽です。

ヨガのインストラクターがリゾートに居るので時々習います。
少しずつポーズを増やして行っています。

ただヨガを初めて思ったのは、私小さな頃に(小学校3年生位から)自分で考えた柔軟体操をしていたのですが
それとほとんど同じなんですよね。
でもその頃に比べて体が固いので、何でやらなくなったんだろう?続けていたら良かったな、と思いながらやっています。特に朝は体が固いのでなおさら。。。

でも毎日続けたらきっと同じ位柔らかくなるはず。。。
なってほしい、逆立ちも3分くらいできるようになったし、とりあえずちょっとずつ。

2009年11月22日日曜日

シンプルな暮らし

旅を始めた2001年から私はなるべくものを持たないようにしてきました。
東京に住んでいた約9年アパートには当然、いろいろとものが増えていたので引き払う前に友人にほとんどの電化製品は譲ったり、実家へ送り帰したりしました。洋服などもほとんど譲りました。
捨ててしまったものもありましたがなるべく誰か使う人が居たら譲りました。

ウティラに住み始めたら、またやはりものが増えましたが、この時はダイビング機材と洋服でした。
洋服はほとんど友達に譲ってなるべく身軽にしてホンジュラスを後にしました。
どこかに少しでも長く居るとやはりものは増えて来てしまいますがなるべく増えないようにしています。
洋服をかうのが大好きな私としてはついつい買ってしまいます。

でも、日本に居たときに比べるとかなりものを持たなくなったと思います。
こうしていると、実はそんなに必要の無いものが私の周りにはいっぱいあったんだなと思います。
そして必要なものはいつまでも私と一緒に居ます。
例えばシャツ一枚にしてもよれよれになるまで着て、もうこれは捨てるとします。
次に買うのもやっぱりにたようなシャツなのです。
くしやはさみなどは壊れないので20年以上前から同じものです。
昔だったらにたような服やあまり着ないのについ衝動買いをしてしまいましたが。
着ない服はいつまでたっても着ないのです。
あまりありすぎて勢いでたくさん譲りすぎた後、あっ!あれは持っていたら良かったと後悔することもありますがそれはそれで自分には何が必要なのか再確認できます。

長期旅行に出る時はバックパックとダイビング機材が入るローラーのダッフルバックそれにちょっと大きめのショルダーバックで出かけます。これで何処でもすぐに生活が出来ます。

時々行く場所によっては化粧水が売っていない国があります。
日本に帰った時に買った化粧水が無くなってしまったら、自分で作るようになりました。
材料は緑茶にグリセリン。(これが案外しっとりして、お薦めです。)

ここではオーガニックシャンプーなどは売っていないので、シャンプーはなるべく天然成分の石けん(またはベビーソープ)を使いコンディショナーやリンスはしません。(あれば時々ワインやお酢を使います)
コンディショナー無くても大丈夫なんだなぁって最近気づきました。

お化粧は基本的に私はしないのでファンデーションなどは持っていないのですが時々ベビーパウダーをパウダー代わりに使っていると、リゾートにウェディングがあるときに来るヘアーメイクの方に話したら、「それは化粧品ではありませんよ」とちょっと突っ込まれたのですが。ダイビングしているとしてもすぐとれるし、日焼け止めがもともと好きではなかったので買わなくなってしまいました。

無ければ無いなりになんとか工夫するようになり、買ったものはとことん使うようになりました。

でも、余談ですが、、、これは日本に居るときほど稼ぎが無いからと言うのも理由に入っているかも知れない。汗
日本はどうか分かりませんがダイビングのインストラクターはあまりおかねにならない職業です。
(自分でダイブショップを始めたら違うと思いますが)
今の給料、日本で働いていた時の半分以下、ホンジュラスに居た時は限りなくゼロに近い時もあった。

でも、それには替えられないものがありますね。。。

ものを大切にしていると生活がシンプルになってくるのかも。

♪本日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

1クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へにほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
人気ブログランキングへ

2009年11月21日土曜日

新月の前後は流れます

今2週間滞在予定のゲストが毎日私とダイビングをしています。

10日ほど前に強風などにより2日間ダイビングが中止になったりしたのですが晴天になってからは毎日潜っています。

で、ダイビングの方はこの2−3日前に新月だったので流れがかなりきついです。

そして魚がたくさん居るポイントはやはりかなり流れています。

カレントフックなどを持参してダイビングをしているのですがゲストたちは初めての体験、なかなかうまく使いこなせず、流れに飛ばされそうになり手を引っ張って泳いだりハードなダイビングが続いています。

で、時々珊瑚で手や足などを擦りむいてしまっているのでヴィネガー(酢)を傷口に振りかけてあげるのですがこれが結構しみるのです。
ゲストには「私たちを痛めつけるのが好きなんだなぁ、」と言われつつ。。。
でも毎日私に鍛えられて(?)いるうちに流れが強くてもそれにどう動けばいいか分かるようになって来たそうです。
私はまだちょっとハラハラしながら見守っていることが有るのですが、手を引っ張って助けたりしなくても大丈夫になってきました。

流れが強い時はたくさんの大物にも出会えファンダイブではあるのですがいつもそうだときついだろうなと思い、今日の2本目にかなり穏やかなサイトを選んだら、ある意味彼らにとっては物足りなかったようです。
明日は彼らのリクエストでマンタポイントへ向かいます。ここも比較的流れは無い方かな?
後、2日は潜る予定です。

2009年11月18日水曜日

パラダイス・マンタポイント 2

今日またパラダイスのマンタポイントヘ行きました。
既に3−4隻ボートがあり、ダイバーの気泡が見えました。
流れのチェックをしてみるとカレントはあまり無く透明度もイマイチでマンタの姿は見えないのですがダイバーが岩にへばりついているのは見えました。

とにかくエントリーしてみるとまず1枚私の横をマンタが通り過ぎ、さらにもう1枚。
ダイバーが固まっている付近へ近づくとマンタがやってきました。
全部で5枚のマンタが乱舞してくれました。

私たちの頭上ぎりぎりを通り過ぎて行きます。
ちょっとゆっくり泳いで気泡を浴びながらそれが気持ちいいのかな?
と思うほどじーっとしています。

ここのポイントはフヴァフェンフシからちょっと遠いのでそうちょくちょく来れないのですが、フヴァフェンフシのすぐ近くにもマンタポイントが有るのです。
そこはシーズンになるとスノーケルでも見られる位浅瀬に来てほぼ毎日、日に何度もスピードボートでスノーケラーが通います。もちろんダイバーもいきます。
早くこっちまでマンタ移動して来てくれないですかねー。
待ち遠しい今日この頃。

明日もまた遠出をして人気スポットのHPと言う所ヘ行きます。

2009年11月16日月曜日

モルディブへ来ていたゲストが送ってくれた、いい写真

今月の始め頃に一組のカップルがダイビングのライセンスを取って行きました。
何だか良い感じのカップルだったのです。

日本人には珍しく2週間の滞在で仲良くナイトフィッシングをしたり、
ウィンドサーフィンのレッスンを受けていましたが後半になり、旦那さんがダイビングをし始めたらずーっと毎日ダイビング、アドバンスのライセンスを取ることになり。

奥さんも一緒にボートに乗って来ているうちにライセンスを取りたくなったようでオープンウォーターのライセンスを修得されていかれました。
(ボートで待っていると酔ってしまうから一緒に潜った方が良いとか、旦那さんは一生懸命勧めていました。)

そして最近奥さんからメールが届きました、結婚式の前撮りで数ヶ月前に写真を撮ったんだそうです。
その写真を3枚ほど送って来てくださいました。

私のブログにのせても良いか聞いたらさらに5枚ほど送って来てくれました。

どれもとても良い感じです。
しかも!私が相方とよく撮るジャンプショットが入っていました。
特にアイスクリームを食べている写真とリアカーを引っ張っている写真が私的にはお気に入りです。

きっと大阪の人なら何処か分かるはず。と言っていました。

あっ!ちなみに昆布を頂いた方でした。





2009年11月15日日曜日

水嫌いの旦那様

今日一組のカップルがスクーバダイバーの講習を無事終了したんですが、
体験ダイビングの後、楽しかったので免許を取るって旦那さんが言い出して、
奥さんがなんかちょっと驚いていたので何かな?と思ったら。
なんと旦那さんは昔溺れたことが有って水嫌いだったんだそうです。

びっくり!、、、でも、奥さんの方がもっとビックリしていました。

耳抜きにちょっと苦戦はしたものの、すべてのスキルを楽しそうにクリアしてくれました。

こういう方が居るととても嬉しくなって、あーインストラクターやっててよかったな。
と思います。

おまけに午前中はファンダイバーと潜っていたのですがいつもはなーンにも大物が居ない場所で
ふわぁーっとマンタが通り過ぎて行きました。
そろそろ、本当にマンタシーズンなのかもしれませんね。

2009年11月14日土曜日

ネットがやっと回復

このところ悪天候に見舞われていて2−3日前には強風ですごかった。
おまけに部屋のインターネットも繋がらないこと二日間、昨日の夕方からやっと回復しました。

ここのリゾートはあまりダイバーが来ません、でも先週あたりから気合いの入ったダイバーさんがたくさん来ています。
それなのに天候が悪くて二日も船が出せなかった。汗

強風の去った後ダイビングに出かけたら、近くのリゾートの客室の屋根が壊れていたりしていました。

そして先週書いたメールのお友達からも返事が来ていました。
何だか元気を取り戻していました。そして、
「まりさんの言っていること、よくわかります。
つーか、(霊能力者並み!?に)的をえてる答えでした。
だてに、人生経験つんでないことが、文から伝わってきました。」

・・・と言われて。

あのメールは半分自分にも言い聞かせていたような内容だったのです。
なぜか彼女にもヒットしていたようです。

明日もダイビング、今日はダイビングの移動中にマンタがジャンプしていました。
明日は晴れると良いな。

2009年11月8日日曜日

何度も再会する友達

今日は朝からすごい雨でした。
ダイビングもゲストはとても行きたがっていましたが、視界が悪くて水面が見えなくなってしまうので中止になりました。
このところずーっと雨ですが今日は極めつけだった。

そして明日はお休みなので夜のフェリーでマーレへ行く予定にしていました。
ところがお昼過ぎになって夜の便ではなく夕方4時半頃出発でマーレを7時に出発に変更になりました。
私はお友達と会う予定にしていたのでそれでも行きたかったので仕事を午後は休んで行く事にしました。

この友達、最初の出会いはウティラなんです。
フランス人でレスキューとダイブマスターを取って行きました。
その後もメールで連絡を取り合っていたのですがウティラで彼が教えてもらったフランス人のインストラクターが
エジプトのダハブヘ行ったので彼もそこへ行き、インストラクターの資格を取りしばらく働いていたようです。

その後私がモルディブで働いていた時、彼も時期をずらしてモルディブでクルーズの仕事をしていました。
私がモルディブを出てちょっとしてからダハブの友達のダイブショップを訪ねて遊びに行くと、その友達も偶然ダハブに遊びにきていたのでした。
夜中遅くに到着してぶらぶら町を歩いていたら後ろから「Mari?」と声をかけられ振り向くとその彼が立っていました。

そして今回私のモルディブ行きが決まりマーレ空港から出口へ歩いて行くと、リゾートのお迎えの人たちに混ざって彼が立っていたのでした。

別に日時を申し合わせていないのに、こうしてなぜかばったりと再会するのです。
メールのやり取りで「もうすぐここヘ行くよー」とかの連絡はしているけど本当に測ったように到着したときに出会うのです。
不思議だ。

で、マーレに着いたら雨もやみ2時間おしゃべりをして帰ってきました。
ダイブサイトの話とか旅行の話などあっという間に時間が来てしまいました。

今度はお土産持参で合いに行こう。

2009年11月6日金曜日

何だか辛いとき

お友達から相談のメールをもらいました。
何だか辛い事が有ったようでとても落ち込んでいました。

ここモルディブでは私もいろいろ有ります。
人間関係は人種や習慣でもいろいろ変わってきますね。

なにか悪いことが起きた時はもがくほど事態が悪化すると思いませんか?
自分の意見がすべて否定されたり、、、

苦しいときは小さくなっていた方がいい、早く走る時もやっぱり小さくかがむでしょ?
あの、「位置に着いて、よーい、どん!」みたいに。
高く飛ぶ前だってかがんでからの方がより高く飛べる。鳥だってそうです。

私は人と言い争いになってしまったら自分の意見ははっきり言ってしまいます。
そのとき否定されても後で気づいてもらえる時が来ます。

人生のどん底(私にとってはそう思えた)人に傷つけられた事、聞いた人が怒っちゃう位ひどい事、いっぱい有ります。

そんな時はやっぱり一人で悲しみ尽くします。思いっきり泣くし。
で、直後は私あまり人に言えないんです。あまりにつらくて言葉にできない。
それで、落ち着いてからちょこっとだけ友達に話します。
話を聞いた友達が泣いてしまう事が有ってからちょっと控えるようになりました。
(それはかれこれ10ぅん年前。。。)

辛いことや、悲しいこと、そういう経験が有って自分が大きくなれるのではないかな?
と、このごろ思います。
で、それに耐えられるから「その人におきている事」なんだと思います。

でもね、、、、
どうしたらそんなことが立て続けにこの人には起きるんだろう?
と思う事が私の知り合いに有りました。

でもその人はなぜかネガティブなんです。
明るく振る舞っているんですが人の愚痴、悪口が多いのです。
やっぱり気の持ちよう、気づきがないのではないのかな?

・・・と言うような事を返事に書かせていただきました。

2009年11月1日日曜日

日本のお菓子


「きうひ昆布」と言う昆布のお菓子を頂きました。
京都の松前屋と言う所で作っているようです。
すーごく、おいしいんです。それと落雁と言うものも頂きました。
食べてみたら、これは「もろこし」だなー、、、と思って聞いてみたら
もろこしは誰も知らないのです。

で、調べたら
もろこしとは、秋田県地方で作られている銘菓であり、落雁の一種である。
と有りました。

そうだったのか!知りませんでした。
この昆布も落雁も日本人ならではのお菓子だなーと思い味わっていただきました。