Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
アプリからの更新が楽な為、最近は
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) 
とアメーバに書いています。
サイドバーのツイッターから飛べます。
ありがとうございます。

Translate

2009年11月18日水曜日

パラダイス・マンタポイント 2

今日またパラダイスのマンタポイントヘ行きました。
既に3−4隻ボートがあり、ダイバーの気泡が見えました。
流れのチェックをしてみるとカレントはあまり無く透明度もイマイチでマンタの姿は見えないのですがダイバーが岩にへばりついているのは見えました。

とにかくエントリーしてみるとまず1枚私の横をマンタが通り過ぎ、さらにもう1枚。
ダイバーが固まっている付近へ近づくとマンタがやってきました。
全部で5枚のマンタが乱舞してくれました。

私たちの頭上ぎりぎりを通り過ぎて行きます。
ちょっとゆっくり泳いで気泡を浴びながらそれが気持ちいいのかな?
と思うほどじーっとしています。

ここのポイントはフヴァフェンフシからちょっと遠いのでそうちょくちょく来れないのですが、フヴァフェンフシのすぐ近くにもマンタポイントが有るのです。
そこはシーズンになるとスノーケルでも見られる位浅瀬に来てほぼ毎日、日に何度もスピードボートでスノーケラーが通います。もちろんダイバーもいきます。
早くこっちまでマンタ移動して来てくれないですかねー。
待ち遠しい今日この頃。

明日もまた遠出をして人気スポットのHPと言う所ヘ行きます。