Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
アプリからの更新が楽な為、最近は
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) 
とアメーバに書いています。
サイドバーのツイッターから飛べます。
ありがとうございます。

Translate

2006年12月27日水曜日

初めての体験 Rebreather dive リブリーザーダイブ



今年はたくさん違ったところでダイビングができました。
そして違ったタイプのダイビングもできました。
このRebreatherとは、ガスを半リサイクルしているので排気泡ガほとんど出ません、
ということでとっても静、魚にぐぐっと近づけます。
でも、浮力の調整がまったく逆になります。
息を吐くと浮き、吸うと沈みます。
なぜなら吐いた息が背中にしょっている
バッグに入るのでそれが膨らんで浮力が増します。

なれるのにちょっと時間かかります。
でも、本当に魚が逃げません!
楽しかったですよー、でも機材のセッティングがめんどくさいです。

2006年12月25日月曜日

クリスマスイヴですね

明日はクリスマスイブです、
ここリゾートにもやっとクリスマスツリーが飾られました。
でもイマイチ雰囲気がわきません、中米にいた時は
南国とはいっても家の周りにたくさんクリスマスの飾りや
イルミネーションがきらめいて、それらしかったのですが、
ここは、クリスマスの音楽もかからず、ちょっと寂しい感じがします。

クリスマスはどちらかと言うと静かに家族と過ごすもの
というのがクリスチャンの方たちが多い国のしきたりなので
静かなんでしょうね。

大晦日のカウントダウンはどうなるのでしょう??

新しい年をお祝いするので 
きっと盛り上がるに違いないです。

2006年12月22日金曜日

マンタ!!見逃したー

今,日本人のゲストがこのリゾートに何人か来ています。

その内の一人にアドバンスコース+ナイトロックスコースを
教えていますが、

今日は午後にナビゲーションをしました。

砂地で私がリールでラインを延ばしてセットをしていると
その私の頭上をマンタが飛んでいったそうです。

!!!

そうなんです、私は見ていない。

ダイビング終了後に生徒さんにそれを聞いた時は
アー、インストラクターならでわの見逃し!

でも、マンタがハウスリーフにいるということは
また観れるチャンスがあるということで期待します。

そして午前中はダイビングサイトへ移動中にボートの上から
Sail Fishを観ることが出来ました。

4−5回水面へ高く飛び出して大きな背びれをアピールしていました。

かっこいい!

2006年12月16日土曜日

招待状が届いた!

おとといUtilaにいたとき一緒に働いていた
Janina(ヤニーナと発音するんです)から手紙が届いていました!

内容はもう空ける前からわかっていたのですが、
やっぱり手紙がとどくとわくわくしますね。

その手紙は結婚式の招待状、オーストラリアに今は住んでいる
彼女はUtilaにいる時であったSimonと婚約していました。
二人の出会いを知っているのは私ぐらいしかいないらしく
招待状を送る連絡を前もってもらっていたのでした。

式は7月、、、初めてのオーストラリア旅行になりそうです。
やはり近場も回ったほうが良いよね、ニュージーランドとか、フィジーとか?

それと同時に今の職場のティーム リーダーが、
今後はどうするの?と、まだ契約が始まったばかりだというのに質問してきました。
普通は3ヶ月前後で延長するか伝えなくてはいけないのですが、
それまであと2ヶ月はたっぷりあるのに。
ということで、この7月のオーストラリア行きを話したら
バケーションとしていってきても良いような話し振りです。
条件がもっとよくなったら延長してみようかな??
でも、この島は私にはちょっと小さすぎです。

2006年12月13日水曜日

晴天!モルディブ


モルディブに戻ってきました。
水上飛行機からの眺めです。

ここに来るゲストは何となくあまりダイビングに興味がないのか
そんなにたくさんのダイバーが来ません。

かなりダイビングの条件がいいのに、、
でも、ここモルディブではやはり1−2週間の予定で来るので
そんなに毎日ダイビングをしようとか、教科書を読んで
講習を受けようという気にならないらしく
ファンダイブのガイドや体験ダイビングをしにくる人がほとんどです。

で、この1年ほとんどダイビングの講習を教えていません。
年間600本くらいは楽に潜っていたのに今年は
100本ちょっとなのではないでしょうか?

もちろんレスキューやダイブマスターを教えることは全くありませんでした。
が、このごろウォータースポーツで働くウィンドサーフィンのインストラクターが、
この島にいるまでにダイブマスターになる!
といってきて久々にトレーニングが出来そうです。
後3ヶ月しかないけどここで仕事しながら果たしてどこまで取れるのでしょうか??

2006年11月24日金曜日

秋田に帰ってすることは?

昨日から秋田へ来ています。
着いてその足で温泉へ行きました。
もう最高!!夜は秋刀魚を食べました。
新鮮でお刺身にもなる秋刀魚でした。
今日はお昼は稲庭うどん、そして夕飯は
きりたんぽでーす!!
夜は川反(秋田の繁華街です。)へ繰出そうかな?

そう、それから歯医者へ行きました。
私は保険証がないので全額かかっちゃうんですよね(汗)
でも、ちゃんとやってくれるところなのでモルディブで
ハラハラドキドキするよりましかと思います。
あの歯医者のいすも、やっぱり心なしかハイテクだし、
(比べている国がホンジュラスとかフィリピンですが)
モルディブは朝の1−2時間しか開いていないのと、
開いていない時もあるっていうんで、ねぇ。

2006年11月22日水曜日

久々の浅草


昨日は浅草へ行ってきました。
ここにはお友達が住んでいます。
2年前に買ったお守りを奉納して
おみくじを引いて、新しいお守りを買いました。
それから、頼まれていた、浮世絵Tシャツをかいました。
浅草の浅草寺や小路を入った小さなお店の雰囲気が
私は好きなんです。

2006年11月13日月曜日

日本へ休暇にでます。


もうすぐ日本に休暇で帰る!
と、、言っている矢先に日本人のゲストがやってきました。
いない間に何人も来たりして、、、?汗
とにかく明日の午後にはKuramathiに行きます。
ちょっとそこでも休暇。
そして15日の夜10時の飛行機で成田に直行です。

まだ荷物まとめていない、、、
といっても寒い格好あまり持っていないから、
荷物も少ないけど、、、
ここWリトリートに新しいDJが来ました。

1−2ヶ月交代であたらしいDJが来るらしく、
今回のDJは昔ベルファーレにいたことがあるとても有名な人だとか、、、
日本には1年いたらしいです。

2006年10月27日金曜日

ナイトダイブでは何が見られる?

今日は久々に1日3本潜りました。
(ここモルディブで潜る回数極端に減った。)

朝は、Fish Headというダイブサイト、
午後がGatafushi Reef、ナイトダイブはハウスリーフで、、、

そしてナイトダイブではエントリー時にブラックチップシャーク、
スティング・レイの赤ちゃんがお出迎え。
途中、ロブスターの赤ちゃんやフロッグフィシュを発見し、
最後は海がめのお休みのところをちょっとお邪魔して
またエキジットポイントでエイを見て終わりました。

途中、光に惑わされてバラクーダがこっちに向かってきた時は少々ビビリました。
なぜならカリブ海ホンジュラスに居たとき
バラクーダにアタックされた ダイバーが居たからです。
でも、ここのバラクーダはそんなに近くまで寄ってきませんね。。。

2006年10月21日土曜日

リゾートのプール



今日は午後から雨でした。
午前中はこんなに晴れていたのに、、、
リゾートのプールの前です。
左に見える建物は2階がスポーツジム(Sweat)
とライブラリー+インターネット(Wire)、
1階がバー(Wet)となっています。

何気にここのリゾートがWホテルなので何かと名前にWが入っています。

地下にあるディスコが15Below、
ダイビングセンターはDOWN UNDER、
ウォータースポーツはWAVE、
レセプションの名前がWelcome desk,
そして何かリクエストしたい時に電話するところがWhatever Whenever,,,

結構こだわりがあるリゾートです。

でもそれ以外はメインのレストランがkitchen、
肉料理やバーベキューがメインのレストランがFire 
魚がメインのレストランがFishその隣にあるバーがSip(Fish & Chipsをもじった感じ)。

2006年10月20日金曜日

ダイビング・ドーニー



私たちのダイビングボートで、スタッフだけでファンダイブへ行った。

ドライエリアはクッションもあって乗り心地はとてもいい、
そしてルーフがあって、その上で寝転べる。
こんな贅沢して次ぎ働くときなんだか大変???

ドーニとはモルディブの言葉(ディべヒ語)で船を意味します。

昔ながらのトラディショナルドーニは見た目も違い木で出来ています。

2006年10月14日土曜日

Kuramathi island resort Maldives

昨日からクラマティに来ています。

ここは、(Rashoo Atoll)ラスドゥ環礁にあり、
私が居るFesduフェスドゥ(North Ari Atoll)北アリ環礁から
スピードボートで約45分のところに在ります。

ハンマーヘッドがよく見られるスポットが近くにあるので有名です。

私の相方がこ このダイビングスクールで短期間だけ働いています。
と言う事で私は休みをためて、遊びに来ているわけです。
そして月曜の朝に帰ります。

ここのリゾートは Fesduに比べてかなり広く、
ダイビングスクールのチームは制服もなくもっと自由な感じです。

Fesduのように“スタッフはここは利用できません。
”と言うような規制はダイビングチームにはなく、
バーもビーチもジムやプールどこのレストランも自由に出入りできます。

Fesduでいいところはすべてのウォータースポーツは私たちが提供しているので
いつでも時間があればタダで利用できると言う特権があります。

と 言う事でどちらがいいか?
とは決めがたいですが広さと、自由はやはりKuramathiがあると言っていいでしょう。

お客さんにしてみたらWリトリートのほ うがサービス&料理のクオリティは良いとは思いますが、
その分値段も上をいっているかな、、、

誰かがWリトリートの1泊分でクラマティに1週間居られると言ってました。

 

2006年10月4日水曜日

モルディブでの初生徒

昨日は、午前、午後とダイビングへ行った。

朝は約40分ほど離れたHimendho Thila(ヒメンドゥ・ティラ)でダイビングして、

午後からはハウスリーフでSea-Doo(DPV)を使ってダイビング。

SeaDooは、こちらで見てください。
http://www.seascooter.net/index.php

もしくはこの写真
http://www.geocities.jp/jasminedhoop/_gl_images_/ScooterDive.JPG

ヒメンドゥ・ティラはマンタが見られるので有名なところ、

でもまだ時期としては早いらしく見れませんでしたが、素敵なところでした。

一方スノーケルでは知り尽くしたハウスリーフ

ダイビングとなると深度が変わってまた違ってきますが、

海がめ、NurseShark,Eagle-ray,でーっかいロブスターなどが見られました。

そして今日Fesduへ来て初めてドイツ人のゲストのディスカバー・スクーバダイビングを私が受け持った。

そしてたくさん楽しんだ結果そのままオープンウォーターコースへと続行することになった。

ようやく、ビジネスが走り出した。

という感じです。

2006年10月1日日曜日

Fishing フィッシングトリップ

今日、フェスドゥへ戻ってきました。

最近オープンしたばかりのリゾートですが、

ゲストのウォータスポーツ・アクティビティーとエクスカーションは

私たちが提供していて、

その中にはBig Game Fishingというのがあり、

いわゆるボートで遠出して、トローリングでバショウカジキやマグロ、

GTなんかを釣るんですが、

今日ロシア人のゲストが午後のフィッシング・ト リップへ出かけました。

そしてなんとでーっかいSailFish(バショウカジキとかオオギカジキと言うらしいです。)

2匹も釣り上げて戻ってきました。

みんな興奮していて楽しそう、でも私としては非常に複雑な気持ち、、、

実際にダイビングでなかなか見れない魚がこんな風に釣り上げられて、

キャッチ&リリースという事はできないのかな??

と思うのですが、そういうとみんなやらないらしい。

2006年9月27日水曜日

ハンマーヘッドにマンタ!!遭遇しちゃいました?


昨日ためていた休みを使ってKuramathiに来ています。

ここには私の相方が仕事をしているのです。

で、彼は今朝は早朝ダイビング(ハンマーヘッド・ダイブ)へ出かけました。

私は一応出がけに起こされたのですが、起ききれず、

ベットへもぐりこんでぐうたらしていたら、

3時間も経っていて、ちょっと遅いのではないの?

心配している矢先に、戻ってくるなり"マンタと一緒に泳いじゃったー”と一言、

ハンマーヘッドも見れ て、

その帰りにマンタが水面近くを泳いでいるのを発見してスノーケルで一緒に50分ほど泳いでいたそうです、、、

4−5枚一緒に舞っていて一匹は、5メー トル近くあったそうです。。。

早起きは三文の得とはこのことでしょうか?

2006年9月22日金曜日

初 ウォータースキー

今日、初ウォータースキーをした。

もう最近、初めてのことばかりですね。

スキーをつけてスピードボートの後ろにくくりつけたロープを握り、引っ張られるやつ。

とりあえず立ち上がるのに3回ぐらいやり直した。

立てずに しゃがんだカッコウで引っ張られてすっころんだりして、

無様な自分に笑っていたら、

教えてくれてる男の子が”笑うな!”といって一生懸命アドバイスをくれ たおかげで、

4−5回目でようやっとまともに立てた!!

みんなが"イェーイ!と腕を振り上げていて、

はしゃいでいるのを見て自分も腕を上げたらロープを放してしまい。

バックスバーニーとかのアニメのように、、、

しばらく水面に立った後、すこん!と水に沈んでしまった。

どうやら普通は転ぶまで引っ張り続けるらしく、

何で離しちゃったの!と笑われたが、、、

結構腕がパンパンに張ってその後腕にも、指にも力が入らない!

明日はSeaBobに2度目の挑戦!筋肉痛が治るかも?

ウォータースポーツ楽しいです。

2006年9月16日土曜日

初 スカイプ!!

昨日初めてスカイプをした、、、

思いがけずいきなり友達の声がパソコンから聞こえてきて

もしーもーし!!といっていて、

こっちはどーやって話したらいいの?

なんて周りの人に聞いたりして、

その間も友達は”あれっ?聞こえますかぁ?もしもぉーし!”と繰り返していた。

文明の利器!って感じ それとも私が遅れているの?

話はそれますが、

その時周りにドイツ人の子がいて、やけに笑っているので ???

と思っていたら、

モシ(発音的には”モシ”と”ムシ”の間ですが)は、

ドイツ語でしもネタ系の言葉のようです。

で、話は戻りますが このパソコンには、

マイクが内蔵されていないのでヘッドフォン付きのマイク(逆かな?)

を探してきて早速1時間も話してしまいました。

エクアドルとモルディブ、時差は10時間で

こちらが夜で向うはお昼時。

 すごいです〜離れていても話ができるしかも電話じゃないし。。。

2006年9月9日土曜日

初 Sea Plane、、、乗りました。

昨日、相方を出迎えにMaleまで行くことになった。

Fesduからの飛行機は満員だったのでスピードボートで他のリゾートアイランドまで行き、

そこからSea PlaneをつかってMaleまで、、

初の水上飛行機!!

環礁の形が真上から見られるのでとってもきれいでした。

25分ほどの飛行時間でマーレに着き、無事相方を出迎えしてマーレの 町を散策しました。

次の日(今日)ボートでマーレを出たものの、

荒れて揺れがひどいので引き返した、

でもちょっと待ってから再出発、

どうにか Kuramathiに着くことが出来ました。

モルディブでこんなに荒れたことはいまだかつてまれな事だそうです。

でも、カリブ海の荒波に比べたらそうでもなかったような?

私も鍛えられたもんだな〜 ゲストのドイツ人はヘロヘロでした。

2006年9月7日木曜日

モルディブ 強風注意報、、


こんな風の強い日にSea Planeで来ちゃ危ないでしょう。

と、水上飛行機を見たとき思った、、

案の定、波&かぜでにっちもさっちも行かなくなり、

今日はここに停泊です。

片方のプロペラの羽がどこかにかすって、

Uの字に曲がってしまい、プロペラが治るまで飛行機帰れないです。
 
このお天気はあと3日は続くらしい。

モルディブは7月から風が強くなるらしい。。。

雨も多いです。

水上飛行機は視界が悪いと飛びません。

2006年9月1日金曜日

Texがモルディブに来る


私の相方は私がタイを出てモルディブに来て以来インドに居ますが、

最近になって仕事を探していたところ、

うま い具合にKuramathiでとりあえず1ヶ月という期間を設けてこられる事になった!

はじめみんなの間で私の彼はインドで何しているの?

という話題から インドの北の小さな村でメディテーションのコースを受けてる、

ビパッサナ メディテーションというのを聞いたことはありますか?

そのコースは10日間話をしてはいけなくて朝5時頃おきて、

食事は1日1食で、、、

電気はな くって、、などと説明していたら、

私の周りでは感心する人やら、

そろそろ新しい彼を探したほうがいいんじゃない?

きっと彼お坊さんになっちゃうよ。

といわれ た。

どうやら今回はお坊さんにはならないらしい。

2006年8月21日月曜日

Wリトリート&スパ モルディブ オープンまであと、、、ちょっと?


1ヶ月を切りました。

一番はじめのゲストはなんと日本人カップルとか、、、ちょっと驚いています。

オープンしたらすぐに忙しくなるのでしょうか??

ちょっと疑問ですがクリスマスはすでに予約で埋まっているようです。

ワクワク、ダイバーさんゲストがたくさん来てくれたら

 私もたくさんダイビングに行ける!

2006年8月12日土曜日

募集広告です、ホンジュラスのUtilaでインストラクターとして働きませんか?


Utila(ウティラ)にいた時の生徒サン達から今もメールがよく届きます。

近況報告のメールが普通ほとんどですが、時々ダイビングに関しての質問もあります。

そしてこれからUtila に行ってコースを受けたいという見ず知らずの方からもメールが届きます。

これはきっと中米を旅行中のバックパッカーの方?

日本人宿の情報ノートを見て書いてこられる方たちです。

なので、前に働いていたショップへ紹介のメールを送ったりしていますが

突然ショップから、「

至急日本人のインストラクターが必要だ!

誰か紹介してちょうだい!!」

というメールが来ました。

どなたか中米のカリブ海でダイビングインストラクターとして働きたい方、

いましたらご連絡ください。

2006年8月10日木曜日

そしてまた スノーケル 


そのうちマンタにも出くわさないかな?
なんて期待しながらまた今日もスノーケルです。

2006年8月7日月曜日

W リトリート&スパ(フェスドゥ)のハウスリーフ 最高!!


Fesduのハウスリーフで毎日見かける海がめです。

ここの亀はあまり逃げない、そして海の色がきれいでしょう?

2006年7月20日木曜日

Diving Schoolのレイアウトをみんなで考え中


Fesdu(フェスドゥ)へ移動して約1週間。

毎日ダイビングスクールの出来具合をチェックしに行くと
時々インド人が建物の中で寝ている、、、

なぜかというとここへ来るたいていの労働者は
インド人かバングラデシュ人で何せ彼らは働かない。

働いている人の周りでそれを見ている人は5倍は居る。

それで、やっと窓に窓枠がついた、ドアが6つ付いた。

レイアウトを考えないといけないのでメジャーを使って
棚やラックのサイズをきめて、BCDは何所へ置こうか?とか

フィンやマスクはどうしよう?
レギュレーターのラックは何所へ??
あれこれとみんなで検討しあうのもかなり楽しい!

自分たちで決めたようにダイビングスクールが出来上がるなんて!!
ただ、あまり運動しないので、そして食事も結構美味しいので体重が増えてきているような気が…

明日はハウスリーフのチェックをするので一日スノーケル&素潜りです。

2006年7月9日日曜日

リゾートからリゾートへお引越し


明日、ようやく Rasdho Atoll (ラスドゥ環礁)の Kuramathi (クラマティ)から
Ari Atoll(アリ環礁)のFesdu Island (フェスドゥ アイランド)へ引越しします。

しばらくネットは使えないかもしれません。

使えても日本語が打てないかも、、、ダイブセンターにドアがついてくれたらきっとパソコンも置けるでしょうか?

前回行った時はダイビングセンターはまだ外枠だけでドアもなかったんです。
機材もこのドアが付いて鍵がかけられるようになるまで持ってこないんで
しばらくはスノーケルのみ。

早くダイビングしたいよ〜

2006年7月7日金曜日

[ Fun Dive ] モルディブにてダイビング


久々にファンダイブした。
毎日ダイビングしていてもやっぱり時々仕事をはずして
ダイビングをするのは楽しい、
今日はこの国で一番初めに見たウミウシを発見した。
普段は下ばかり見ていると大物を見逃してしまうので
せわしなくあちこちを見ているのに今日はジーっとしたばかり見ていた。
ニシキフウライウオが隠れていたり、変わった模様のえび。
そういえば、カリブ海に比べてここはロブスターが少ないかも?そしてうつぼの種類はまったく違う。
話は変わって昨日、レストランの側にあるバーにはデッキがあり夕方6:30にスティングレィに餌付けをする。
6:00頃行ってみるとすでにでかーいエイが7匹餌付けされるであろう場所をうろうろ泳いでいる。小さなサメもチラホラしていた。時間になるとライトアップされおじさんがバケツとチップの箱を持ってきた。
その後ろをエイがついてくる、しかもひれをばたばたさせて体に這い上がっている、それも3匹ぐらい同時に四方から
見ていて楽しかったけど、これを毎日していると思うと
環境にはいいのかしら??と疑問に思うのでした。

2006年7月3日月曜日

[ Fesdu ] フェスドゥ アイランド


私がこれから働くリゾートは今まだ建築中、島の名前はフェスドゥと言います。

モルディブの言葉ディベヒ語はスペルが難しいんですがこの島の名前は
どちらかというとシンプルな方です。

リゾートの名前は新しく変わり、「Wリトリート&スパ モルディブ」
と言います。

オープンまで別のリゾートで待機中の私、クラマティというリゾートに居ります。

先日、2日間ほど新しいリゾートの下見&トレーニングへ行ってきました。

まだダイビング機材がまだ無いのでスノーケルでハウスリーフをチェックしてみました。

建設中のごみできっと悲惨なんだろうな、、、などと想像して入ってみると、

見事な珊瑚礁が広がっていて、みんなでかなり盛り上がり2時間近く泳ぎ、

さらに午後はその続きを楽しみました。

カメラを持っていくんだった。。。

Fesduはヨーロッパ人にはかなり人気があるAriAtoll アリ環礁 にあり、

島の周りには有名なダイブサイトがたくさんあるらしいのでとても楽しみ。

でもちゃんとオープンできるまであと2ヶ月はかかりそう。

モルディブに来てすでに1ヶ月半が過ぎようとしています。

2006年6月27日火曜日

モルディブへ来て 1ヶ月、やっと日本語が打てる!


モルディブへきて1ヶ月目です。

ようやく今居るダイビングスクールで日本語が打てるようになりました。
明日は首都Maleへ行って携帯電話を5年ぶりに購入します。


今までは別のホームページに私の旅行記を書いておりましたが、
ブログというのは便利で使いやすい、ということで
ネット状況がそれほど良くはないモルディブのリゾートでは
こちらの方が何かと便利だと思い、こちらへ。。。

どうぞよろしくお願いします。