Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
アプリからの更新が楽な為、最近は
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) 
とアメーバに書いています。
サイドバーのツイッターから飛べます。
ありがとうございます。

Translate

2016年11月19日土曜日

冬の日本 秋田 に来て



秋田へ帰ってきて居ます。

雨も降って寒い日でした。


すでに紅葉は終わっている秋田です。

日本に着いてはじめに食べた夕食は、芋の子汁とカレイの煮付けでした。

そして、日本に帰ってきているので
ここでしか食べられない もしくは簡単に手に入らない野菜さんたち
が食べたい!


ごぼうとか蓮根とか山芋とか長芋、大根、、、
こんにゃく、小豆とカボチャの煮たものやひじきとかエノキダケとか。


早速リクエストして家族といただきました。



昨日は日差しが気持ちいい晴天の日でした。


まだちょっと時差ぼけで朝起きる時間が遅く夜寝る時間も遅いですが

寒いとベットから出たくない〜 
慣れるまでしばらくかかりそうです〜





2016年11月15日火曜日

雨季に突入のバリから 、今回の発見

今ドメスティックの空港です。
ジャカルタ経由で羽田まで、
そしてその日のうちに秋田まで飛びまーす。

今回知った事、
空港のタクシーはすご〜く値段が高い!
しかもメーターじゃない
で、唯一誠実な会社は Blue bird というタクシー会社
似たような会社があるので間違いやすいかもしれませんが
青い鳥が大きく見えるのが目印

今までこ空港タクシー使った事なかったのですが、
値段を聞いてびっくりしました。
素通りして外まで出て値段交渉してもやっぱりメータータクシーには敵わない。
でもブルーバードは空港には止まって居ません
よほど運良く誰かを下ろした所に居合わせられればラッキー

あと、GO-JEK というアプリもとても便利です。
行きたい所へ安くバイクで送ってくれる。

今回クタ周辺に滞在したので新しい発見でした。

健康食品も豊富でした。

日本に着いたら国内線は荷物が重量オーバーなので宅配便を使います。

ガルーダ航空って荷物たくさん持ち込めて便利ですね!






スーパームーンの夜にバリへ到着


昨日はラジャアンパットからの移動日でした。


今回の旅で1日だけ雨が降り、
その日はおとなしく過ごし次の日また島を変えました。

島から泳いで他の島へ渡り、

島の周りを歩きながら宿を探し最後に着いた場所に決定。

そこの宿のお兄さんにボートを出してもらい荷物を移動。


風も波も穏やかで清々しい朝。

いよいよ ソロンへ向かうフェリーが出る島へ移動です。


8人グループ(女性4:男性:4)で始まったこの旅は2人抜け、1人抜け、

そして途中で3人に出会い、

また分かれ、バリに着いたらまた二手に分かれ、というように

今は私ともう1人が一緒で 今夜二手に分かれ

後の3人は明日二手に分かれるようです。

8日間のラジャアンパットの予定でしたが結果的に2週間過ごしました。

ここは自然と一体になれる貴重な場所、

子供達の人懐こい笑顔が眩しくて、癒されました。

スーパームーンの光を浴びながら、

この自然がいつまでも守られる事を願っています。


そして今夜日本へ向かいます。

2016年11月9日水曜日

ラジャ アンパットに来ています

バリから飛行機を乗り継いで 
ラジャ アンパットというパプアニューギニアの近くへ来ています。

クルーズ船で8日間その後 
島へ上陸、ダイビング三昧の日々です。

ここはサンゴが半端ないくらい美しい〜
サンゴはモルディブよりも健康ですね〜 そして種類も豊富です。

電波がほとんど繋がらないのですがそれもまたいいですよ。

フリーダイビングトスクーバダイビング両方しましたが
フリーダイビングがメインでした。

フォトシューティングで撮られる側でしたが、私も幾つか写真を撮りました。

最終日の写真ですが虹が真横に伸びているの見えますか?



詳しくはまた後ほどアップします。