Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
スクーバダイビング、フリーダイビングや海の生き物たちに関することについては
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) にも書いています。
ありがとうございます。

Translate

2010年5月28日金曜日

コンプレックスも他人から見ると?

私は中学の頃から自分の体で何処が嫌かな?と聞かれたら「あし」と言っていました。
体操部に入ってからふくらはぎが以上に発達して筋肉がついています。
それにちょっとO脚ぎみだし。。。もう少し、5センチくらい長かったらな。
とずーっと思っていました。

でも、10数年前につきあった彼に足が好きだと言われました。
で、ここ最近モルディブ人にナイスな足だと言われたり、どうやってそのふくらはぎの筋肉つけたんだ?と聞かれたりします。
いえ、自慢しているわけではないです。(実際自分はそう思ってなくて、スラーッと細い足に憧れます。)彼らの足は膝から下が細いんですよね。
でも、一瞬「ええっ!そうなの?あれ足の形変わったのかな?」なんて思ったのですが全然変わっていません。というかむしろもっとたくましくなっている気が。汗

ずーっと自分の中では欠点だと思っていたのですが実はそうでもなかったのかな?
やっぱり人って無い物ねだりなんだな、と思い直しました。
でも、これは前回のエントリーで書いた褒めるという事に繋がっている気がしました。
そんな小さな事でも褒められると人はその気になるのだな。。。っと。

褒める事を癖にしたいなと思っています。

2010年5月23日日曜日

褒める

私の最近の課題、

『相手の欠点が目について仕方ない時に、あえて魅力に焦点をあてホメると感情にも変化が起きます。』と言うもの。twitterからパクりました。

頑張って魅力を探そうと試みております、そうは分かっていてもつい気に触る事があると褒めるどころか会話もできなくなる。。。

それと、大切にしてくれる人とつきあおう。
大切にされていると自覚すると、潜在意識は自分は大切にされるべき存在なのだと思い込む。そして…中略…無 意識の力が働いてそれにふさわしい人間になっていく。 拙著「一天地六の法則」より。。。これもtwitterで発見。


1ヶ月経ったらここのリゾートを出る予定です。
契約は7月7日までですが、2週間の休暇がまだ残っているのでその分早めに終了します。
新しいところでどんな人たちと出会うのでしょう?
今の予定はインド旅行です。滞在期間は未定です。
でも、ビザが6ヶ月なのでそれよりは短いと思う、、、と言うかインドに6ヶ月いたら狂うかな?

2010年5月17日月曜日

ネックレス

私はいつもネックレスをつけています。
気に入った石のヘッドを何個か持っていてそれを取り替えながら楽しんでいるのですが、
ここ最近はシシリーのお土産の火山の石でできたタツノオトシゴをずーっとつけていました。
チェーンが切れて細いひもを使ってネックレスにしていたのですが
でも最近またシルバーのネックレスがつけたくなったのでお気に入りの一つ、
首周りにぴったりする短いのをちょっとつけてみたんですが、何だか窮屈なんです。

えっ?首が太くなったのかな?
普通にしていると大丈夫なんですが上を向いたりするとちょっと苦しい、、、
首の太さなど測った事が無いのではっきり言えないのですが、ほんのちょっと苦しい。
でも、前は気づかずに使っていたのでしょうか?
いや、苦しいから気づくと言うか、気になると思うし。


でも、どうして首が太くなったのか?
考えてみたのですが、多分3点倒立のせいかな?と思います。

えーん、そんなーって感じです。

2010年5月10日月曜日

体の声を聞く、exhale deeply

2ヶ月位前から、朝のヨガをするときに心に思う事が3つ増えました。

「私の思うことがいつも正しくありますように」
「私の言う言葉がいつも正しく、ひとを傷つけませんように」
「私の行いがいつも正しくありますように」

2010年5月9日日曜日

フバフェンフシ ハウスリーフダイブ


ハウスリーフでダイビングをしました。

そしてこの時は、記念すべき2900本目だったのです。
そろそろだなと思いつつ、それとは気づかずに潜っていましたが。


その日は水温30度、浅瀬はもっとあったかな?
ログを調べてみたら3月の初めまでは水温28度でしたが中旬以降から29度や30度に上 がってきました。
そして4月からほぼ毎日30度です。この温度は水面ではなくダイビング中の平均水温です。
で、珊瑚もやはり白化しかけて います。。。涙


反射して分かりづらいですが、、、表面(上の方)から色が抜けていっています。
裏っかわはまだ元気です、太陽光線が強いところから抜けているので同じく浅いところでも
日陰になっているところはとっても元気です。


日よけがあれば良いのかな?この子も色が薄くなってきてる。
でも、幸いもう雨期なので水温ももう少ししたら下がってくるはずです。

そして、普段はあまり行かない水深28mまで行ってみました。
大きな岩陰をのぞくと。。。

見えますか?ちっちゃいエビちゃんがふわふわ浮いています。ふわふわしてて、しかも体が半透明なので、すごくピントが合いにくい。

そこへそーっと手を入れてみると、そろそろと近づいてきて私の手の垢をお掃除し始めました。

この赤いのはかなり力強くつままれてちょっと痛い感じ、しかも手の(?はさみの?)動きが速い!手のひらにを上にしても手の甲にくっついたままでした。
手を抜くとまたフワフワと同じところで漂っていました。

2010年5月6日木曜日

自分の好きなものが沢山ある事、好きな事をできることに感謝

お休みの日は目覚ましをセットしないで寝ていますが今朝は6時半頃に目が覚めました。
いつもより1時間ほど遅いのですが昔の私なら考えられないほど早起きです。
でも、毎朝している体操ができないととても1日が快適にならない気がして、ここフバフェンフシに居る時は1日も欠かさずにヨガパビリオンへ通っています。

で、柔軟体操をしていると、あー私はこの体が延びる感じが好きなんだなー、と実感します。
昔ダンスをしていたときはスタジオに毎日通っていたので朝早く起きてこんな事したことなかったのですが、スタジオヘ行かなくなった後も、朝起きて柔軟体操などしなかったのです。
こうしてストレッチ体操をまた始めると、あー私はこれが好きだったのだ。
よくも10年以上忘れていられたものだ、と思い1日のうちでできる時間が朝しかないので
仕方なく5時頃に起きて始めたのですが、最近、夜にもちょこっとだけしようかな?
と思い始めています。
小学校の時も、暇さえあれば絨毯の敷いてあった広場で逆立ちとかブリッジとか意味も無くしていたのですが、あれはただ単に気持ち良かったからしていたんだなー。

そう思っていたら、私はどんな事が好きだったかな?とちょっと考えてみました。
小さい頃好きだったものはお遊戯とか、踊るのも好きだった。
花が好きで、花はいろんな色があるので図鑑を見て花の名前を覚えるのが好きだった。
クレヨンとか色鉛筆色ペンが好きで文房具屋さんも好きだった。
ミシンで洋服を作るのが好きだったのはおばあちゃんの影響、お母さんは縫い物しなかった。
でもおばあちゃんは手縫いだったな。
紙粘土で何か作るのも好きだった、ここで思い出した幼稚園の記憶。

幼稚園でウサギのお面を作って乾いた後に色を付けようとしたら私のが見つからなくて、先生と探したら他の男の子が私のウサギに色を付けてて自分のだって言い張って返してくれなかったけど、先生に怒られてなくなく返してくれた時、もう既にその子が色を塗っておりしかも私が塗りたい色ではなかったのでとてもがっかりしている自分。

お父さんが沢山カメラを持っていたので写真を撮るのも好きだった。
(お母さんの弟はカメラマンだったっけ。)
人の肩をもむのが好きだったので、よく学校で先生の肩をもんでいた。
体操部のときはいつもマッサージしてから始めていたけど、それが大好きだった。
高校生の頃から海ヘ行くのが好きになり、泳がないけどよく自転車や電車で行ってた。

こうやって考えたら私小さい頃に好きだった事を仕事にしている事が多い、です。
ダンスはもとより、花屋でフラワーコーディネイトしていた事もあるし、カラーアナリストの学校に行ってアシスタントとして働いた事も有り、カメラ屋さんで働いた事もある!

大人になってからできた好きな事は、旅行、英会話、クラブやバーなどで踊る。
お買い物、調べもの、アクセサリー、石、お茶、アロマセラピー、料理 etc...

好きな事が沢山あった方がいいので、さらに自分の好きな事を探してみようかと思う今日この頃です。

スタッフみんなで夜釣り モルディブ

きょうはお休みを頂きました。

昨日営業時間が終わった後スタッフの皆で夜釣りに出かけたのですが、
今回はサンドバンクではなくフィッシングボートの上で釣った魚は調理するという事でガスボンベが必要でした。
で出発間際30分前、野菜やら調味料やら鍋はそろっているのに(前回は調味料を忘れた)肝心のガスがない!
この次からこのためのチェックリストも作った方が良いかな?とボスはぼやいておりました。
で、ボスがいろいろ走り回ってやっとガスが見つかり、その間私はつれるまでにお腹がすくからキャンティーンへ走りトーストと鳥の唐揚げを持参して、ちょっと遅れぎみだったのでバタバタと出発。

夕方から風が出てきて小雨もぱらついていたので、何処で釣るか場所に決めかねながらも。
とりあえず釣りを始めてみたのですが誰の糸にも引っかからず、、、
場所を変えて再挑戦したのに全くゼロ。
でも、まだスタッフにキャンティーンが空いている時間なので、ボスは「どうする?戻ってキャンティーンで食べるか?」でも、手ぶらで帰ったら皆の笑い者になる。。。と、誰かが言い、
フィッシングチームの意地なのかさらに場所を変えて再々挑戦、ここでも釣れなかったら私たち夕食抜きという事になります。

こんなさなか、私たちのボスがいきなり皆に報告したい事がある。
と言い出したのです。
今月いっぱいでここを去ると言い出しました。『I will leave here the end of this month.』
えっっ!?』皆が一瞬戸惑っています。
わたしが、LeaveってSilver Sands(私たちが働いている会社)をLeaveなの?『Yes』
モルディブもLeaveなの?『Yes』
何処ヘ行くの?『それはまだはっきり決まっていないので言えない。』
この後誰が引き継ぐの?『まだ決まっていない。』

この後に私は言葉が無くなってしまった。。。
いや、こんなときなら言っていい場面とかあると思うんだけどこの時は思い切り的が外れていたと思う。
モルディブ人は皆で何やら話し合っています。
当然釣りもここで止めました。何だか最悪のフィッシングってこんな感じ。

私も、ここを2ヶ月後には出て行くのでボスが新しくなるとか私にとってはそれほど深刻な事ではありませんが、それにしても後20日足らずで居なくなってしまうというのには何だか訳がありそうです。

ただここのリゾートでは管理職がとても頻繁に入れ替わるので違う会社から来ている私たちは、やりずらいなーと思う事が多々あるので分かる気もします。

いきなり楽しかったフィッシングナイトが一転してしまったので、私が出る前にもう一度スタッフでフィッシングパーティーしたい。

2010年5月3日月曜日

フバフェンフシのリピーター

今、フバフェンフシにはリピーターが沢山いる感じです。
確か今年の2月に来ていたよなー、、、というロシア人家族とか、
3月の初めにダイビング三昧していったカップル、
2年前に来ていたらしいイギリス人夫婦とか、日本人の家族など。。。

ここへ来た時に、「ここは結構リピーターが多いです。」と聞かされていましたが、
1年近くなって実際前に来ていたゲストにまた会うと、
あーそうなんだなー、と実感します。

皆さんお金持ち、お買い物するのでも、
これもあれもと試着もしないで買うというのは不思議です。
驚くのは、チップも桁が違います。

たまたま運が良かったと思ってありがたく頂いております。うふふ。

今、時期的には雨期突入ですが、天気がよくて風も少ないのでとてもウォータースポーツにはもってこいです。
でも、釣りはイマイチ時期ではないようです。
最近団体のダイバーが去っていったのでまた静かになるかな?
と思っていましたが程よく数人のダイバーさんが来ております。
でも、日本人のゲストは明後日からゼロのようです。
やはりこの時期は旅行代金値上がるらしくしかもここのリゾートも値段設定を上げているみたい。

ちなみに私はここのリゾートではお客さんのようにレストランへは普段行けないのと、
 今更ここに泊まるためにお金を払いたくないので、
モルディブ出る前にちょっと何処かのリゾートに数日滞在してみたいな、なんて企んでいます。