Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
スクーバダイビング、フリーダイビングや海の生き物たちに関することについては
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) にも書いています。
ありがとうございます。

Translate

2010年5月28日金曜日

コンプレックスも他人から見ると?

私は中学の頃から自分の体で何処が嫌かな?と聞かれたら「あし」と言っていました。
体操部に入ってからふくらはぎが以上に発達して筋肉がついています。
それにちょっとO脚ぎみだし。。。もう少し、5センチくらい長かったらな。
とずーっと思っていました。

でも、10数年前につきあった彼に足が好きだと言われました。
で、ここ最近モルディブ人にナイスな足だと言われたり、どうやってそのふくらはぎの筋肉つけたんだ?と聞かれたりします。
いえ、自慢しているわけではないです。(実際自分はそう思ってなくて、スラーッと細い足に憧れます。)彼らの足は膝から下が細いんですよね。
でも、一瞬「ええっ!そうなの?あれ足の形変わったのかな?」なんて思ったのですが全然変わっていません。というかむしろもっとたくましくなっている気が。汗

ずーっと自分の中では欠点だと思っていたのですが実はそうでもなかったのかな?
やっぱり人って無い物ねだりなんだな、と思い直しました。
でも、これは前回のエントリーで書いた褒めるという事に繋がっている気がしました。
そんな小さな事でも褒められると人はその気になるのだな。。。っと。

褒める事を癖にしたいなと思っています。