Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
スクーバダイビング、フリーダイビングや海の生き物たちに関することについては
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) にも書いています。
ありがとうございます。

Translate

2006年10月4日水曜日

モルディブでの初生徒

昨日は、午前、午後とダイビングへ行った。

朝は約40分ほど離れたHimendho Thila(ヒメンドゥ・ティラ)でダイビングして、

午後からはハウスリーフでSea-Doo(DPV)を使ってダイビング。

SeaDooは、こちらで見てください。
http://www.seascooter.net/index.php

もしくはこの写真
http://www.geocities.jp/jasminedhoop/_gl_images_/ScooterDive.JPG

ヒメンドゥ・ティラはマンタが見られるので有名なところ、

でもまだ時期としては早いらしく見れませんでしたが、素敵なところでした。

一方スノーケルでは知り尽くしたハウスリーフ

ダイビングとなると深度が変わってまた違ってきますが、

海がめ、NurseShark,Eagle-ray,でーっかいロブスターなどが見られました。

そして今日Fesduへ来て初めてドイツ人のゲストのディスカバー・スクーバダイビングを私が受け持った。

そしてたくさん楽しんだ結果そのままオープンウォーターコースへと続行することになった。

ようやく、ビジネスが走り出した。

という感じです。