Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
スクーバダイビング、フリーダイビングや海の生き物たちに関することについては
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) にも書いています。
ありがとうございます。

Translate

2009年11月8日日曜日

何度も再会する友達

今日は朝からすごい雨でした。
ダイビングもゲストはとても行きたがっていましたが、視界が悪くて水面が見えなくなってしまうので中止になりました。
このところずーっと雨ですが今日は極めつけだった。

そして明日はお休みなので夜のフェリーでマーレへ行く予定にしていました。
ところがお昼過ぎになって夜の便ではなく夕方4時半頃出発でマーレを7時に出発に変更になりました。
私はお友達と会う予定にしていたのでそれでも行きたかったので仕事を午後は休んで行く事にしました。

この友達、最初の出会いはウティラなんです。
フランス人でレスキューとダイブマスターを取って行きました。
その後もメールで連絡を取り合っていたのですがウティラで彼が教えてもらったフランス人のインストラクターが
エジプトのダハブヘ行ったので彼もそこへ行き、インストラクターの資格を取りしばらく働いていたようです。

その後私がモルディブで働いていた時、彼も時期をずらしてモルディブでクルーズの仕事をしていました。
私がモルディブを出てちょっとしてからダハブの友達のダイブショップを訪ねて遊びに行くと、その友達も偶然ダハブに遊びにきていたのでした。
夜中遅くに到着してぶらぶら町を歩いていたら後ろから「Mari?」と声をかけられ振り向くとその彼が立っていました。

そして今回私のモルディブ行きが決まりマーレ空港から出口へ歩いて行くと、リゾートのお迎えの人たちに混ざって彼が立っていたのでした。

別に日時を申し合わせていないのに、こうしてなぜかばったりと再会するのです。
メールのやり取りで「もうすぐここヘ行くよー」とかの連絡はしているけど本当に測ったように到着したときに出会うのです。
不思議だ。

で、マーレに着いたら雨もやみ2時間おしゃべりをして帰ってきました。
ダイブサイトの話とか旅行の話などあっという間に時間が来てしまいました。

今度はお土産持参で合いに行こう。