Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
スクーバダイビング、フリーダイビングや海の生き物たちに関することについては
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) にも書いています。
ありがとうございます。

Translate

2015年8月8日土曜日

ちょっとだけ懐かしい写真発見

パソコンが重くなってきたので写真を整理していたら
懐かしい写真がたくさん出てきたのでここにアップしてみようかと思います。

すでに2年前の写真、私の誕生日に無人島でバーベキューパーティーをした時のもの。

大男3人と私という組み合わせですが、一人はこの当時のロビンソンのGM、もう一人はF&Bのマネージャー、そして残る一人はアドミンダイレクター(経理部長)。

みんな同じ体型とヘアスタイルなのでどれが誰かは想像にお任せします。

この日はもう一人スパのマネージャーも誘ったのですが気乗りしなかったらしく不参加でこのような組み合わせになってしまったのでした。

11時出発と言っておきながら着いたのはすでに12時を過ぎていたような記憶がありますが、早速無人島に私の足跡をつけてみました。

  島の周りを一周してみたら途中から海に入らないと通れないところもあり、濡れながらもスタート地点に戻ると誰もいない、、、そしたら後ろから私の後をついてきて
自分たちも濡れてしまったっことに騒いでいる声が。







 テントも貼って、焚き火の準備も着々と進んでいきます。





 GMが私の真似をしています、彼だけ出来なかった。










 今はこの三人はバラバラの場所にいて、こんな時期もあったんだな〜と思い出すいい機会になりました。
 空の色が刻々と変わっていく様子が見て取れる写真なので多いかなと思いつつたくさんアップしてしまった。