Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
スクーバダイビング、フリーダイビングや海の生き物たちに関することについては
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) にも書いています。
ありがとうございます。

Translate

2015年8月2日日曜日

今年もバリ島に戻ってきました

バリに到着しました。
今回初めて 私の荷物があのベルトコンベヤーから出てこない、
というハプニンががありました。

どうやらKLに置いてきぼりになったようです。

私の他にもう一人荷物がない!と言っている方がいました。

カウンターで手続きを済ませ同じ日の夜の便できっと届くはずだから
泊まっているホテルまで届けます、と言ってくれました。
空港から車で3時間ほどの場所ですが、、、と言うと大丈夫です届けます。

と言ってくれました、が私は宿は行ってから決めようと思っていたのと
まぁ、友達のところに泊まればいいと思っていたので住所がいまいち定かではなく

メールで連絡します。
ということになり電話番号も渡されてそこにかけるように言われました。
昨日は、久々に近況報告をし合いがてら友達の家に泊まり
新しく仲間に入った子猫とじゃれあって


そして、翌朝の今日 10時頃連絡したら、昨日から連絡を待っていたらしく
速攻で届けてくれました。
だから逆に荷物がない分移動が楽でした。

とりあえずの宿もダイブショップの前にあり、来週からは去年と同じ部屋を借りる手筈も整いました。

なんか、去年と同じ顔ぶれに出会って故郷に帰ってきたって感じです。
モルディブもそうですが、昔住んでいたウティラも、きっと帰ったら顔見知りの知り合いがいて、帰ってきた〜という気になるような気がします。

ただ、どうやらバリは私にとって魂の故郷らしいのです 。。。
この話はまたいずれ別の機会に。

明日は早速フリーダイビング、懐かしの顔ぶれに新しいスタッフも混じり
ワクワクしています。



部屋のバルコニーからはお月見も出来て、朝日も登ります。