Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
アプリからの更新が楽な為、最近は
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) 
とアメーバに書いています。
サイドバーのツイッターから飛べます。
ありがとうございます。

Translate

2015年9月19日土曜日

トンガ、そしてシドニーから戻ってきました

いろいろなハプニングがありながらも無事バリへ戻ってきました。

今回はここに2ヶ月ほど滞在する予定です。

先月バリへ来た時にわかったのですが、バリへの(インドネシアの?)入国時にVisa on arrivalが30日以内の滞在の場合は日本人は無料になっているんですね。
入国時に「日本人?払わなくていいよ〜」と言われました。

でも、もしあと30日延長したい場合は入国時に35US$を払っておかないと延長できない、と聞いていたんので 私も今回は35$払いました。

入国時にビザの係りの人が
「日本人は払わなくてもいいよ」、と言ってくれるのですが
「何日居たいの?」と聞かれ、「2ヶ月」というと
「あぁ、じゃあ はい35$です。」という感じでした。

言ってくれない係員もいるようであるヨーロピアンは払わなくてもいい国籍だったのに払っちゃった、
と言っている人がいたので 、日本人には親切なのかも?
ヨーロピアンはどの国籍か見分けがつかないんでしょうね。

イミグレーションでも、何日滞在予定ですか?と聞かれ2ヶ月ですというと
そうですか、と頷かれすんなり済みました。

トンガとオーストラリアについては写真がはじめの週の分紛失してしまったので(涙)
追い追いと書いていきたいと思います。

今回のトンガの旅はかなり濃かったです。