Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
スクーバダイビング、フリーダイビングや海の生き物たちに関することについては
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) にも書いています。
ありがとうございます。

Translate

2008年6月2日月曜日

ミュンヘン到着!

約11時間の飛行時間でミュンヘンに戻って参りました。

インドネシアを出る時も何かと面倒な感じでした。

そして、バンコクの空港のチェックインで、
ドイツについてから日本へ帰る切符などは持っていますか?
と聞かれて"持っていません"と言うと、

それはちょっと問題です。と言われ、

ちなみにあなたの荷物はオーバーウェイトです.

キロあたり10ユーロです。と言われました!!!

オーバーしてるのは8キロ近く。。。

そしてちょっとかかりの人と話してください。
と列から外され別のカウンターへ移動して、
担当した女の子たちへ
今まで帰りの切符なんか入国のとき聞かれた事無いし、
前も同じ航空会社使ったけどこんな事は初めてなんだけど、、、と話すと。
”あらぁ、本当ですか?ちょっと待ってくださいちょっと調べます”
と言われ、いろんなところへ電話をかけまくり始めて。。。
ずらーっと並んでいたお客さんもはけてしまう位待った、約45分後。

私がドイツに行ってからちゃんと切符が換えるお金がある事を証明して
それを何か報告書のような物に書き、その係のコはこれでオーケーです。

荷物もオーバーしてるけど、もうどうでもいいわ。

と言ってすんなりチェックインしてくれました。

席に着くとナント私の席のとなりは居なくて広々。

みんなつめてシートを入れた分最後の余ったところが多分私の席になったみたい。

私の周りがぽっかり穴があいたように空いていました。

そして入国、前回出国する時に何故か出国スタンプを押されて無かったので

これって何かと文句つけられるのかな?

などと非常に心配していたのに、

たくさんのタイ人女性に交じった日本人が意外だったのか?

はたまためんどくさかったのか?

タイに住んでいるのですか?と質問され、

いえインドネシアでのビジネストリップのあとバンコクへ寄って来たのです。
(インドネシアでの私のビザはビジネスビザでした)

と言うと、”あそうなんだ、はい、どうも”

と、すんなり通して頂きました。

でも迎えに来てくれるはずの友達が車の移動に時間がかかり

1時間半後の到着。

でも良かったよー。

ミュンヘンは今日も晴れてていい天気でーす。