Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
スクーバダイビング、フリーダイビングや海の生き物たちに関することについては
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) にも書いています。
ありがとうございます。

Translate

2010年2月24日水曜日

魚がしあわせそう

今日は午前中、DSD(ディスカバースクバダイビング体験ダイビングですね)の予約が入っていました。
奥さんは2度ほど体験済みで、旦那さんは初めてのダイビングでした。
説明を受けている間ちょっと緊張しているようでした。
で、スキルの練習の後、結構落ち着いていたように見えたので伝えると、
「いや平静を装って実はパニクっていました。」
と言うので、いや、パニクっている人は平静に装えないんですよ。なんて話しながら
ハウスリーフへエントリーして行きました。

終わって水面へ出た後、旦那さん。
「いやぁー、すごかったー!別世界ですね。ほんとすごいわー、実は家で海水魚飼ってるんですけど
全然違うな、いや、やるもんじゃないな あれは。魚が全然違う、幸せそうで、元気だわー!」
と息をつかずに話してきました。

魚が幸せそうだなんて そんな風に思える人というか見える人は
あまりいなかったのでこんなふうに喜んでもらえてとても嬉しかった。