Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
アプリからの更新が楽な為、最近は
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) 
とアメーバに書いています。
サイドバーのツイッターから飛べます。
ありがとうございます。

Translate

2015年12月17日木曜日

ディスカバリー アナンタラ モルディブ

モルディブに戻ってきて丁度1ヶ月が経ちました。
ロビンソンからアナンタラへ移動して約3週間、昨日から最近新しく入って来たスタッフと一緒にオリエンテーションを受けています。

これは3日間のコースで、リゾートのディスカバリーもあります。

今日はアナンタラとは別のブランドリゾート、ナラドゥにも上陸しました。

2年前サウジアラビアのプリンス(今はキング)がリゾート3つを貸し切りにした時、彼のために新築した 家も拝見しました。
余談ですが、この王子さま、すぐ近くのローカルの島の住民全員に1人100$の寄付をしたそうです。

ここのリゾートのGMはなかなか気さくな雰囲気を装いながらも、芯が一本入った方の様です。
それぞれの部署のマネージャーが入れ替わり立ち代わりプレゼンテーションしていくので覚える事沢山!
とはいえ私はモルディブ長いので他の人たちよりはかなり予備知識があったかな。
という感じです。
ここでの生活は結構忙しいです。
まずフェリーに乗り遅れない様にしないといけないという点は今までなかったですね〜
感じとしてはロビンソンとフバフェンフシの中間かな?
ロビンソンはかなり自由だったのですがフバフェンフシはほとんど自由が無くゲストのレストランやバーには行けなかったのに比べ、有料とはいえ行きたいと思ったらレストランにもバーにも行けます。
スタッフのエリアにはテニスコートやバレーボール、サッカー場があって好きな時にトレーニング出来ます。
ただ一つハウスリーフが遠い!
1人でスノーケルに出かけられないのがネックです。
でも、サーフィンはすぐ目の前にポイントがあります。
今のところはまぁ悪く無いですね。
早くフリーダイビングができるようになればもっと楽しいかなぁ〜