Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
スクーバダイビング、フリーダイビングや海の生き物たちに関することについては
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) にも書いています。
ありがとうございます。

Translate

2007年10月8日月曜日

本場のオクトーバーフェスト




やっと行ってきました。
写真のジョッキは1リットルこのサイズしか売っていません。
席を見つけて飲み始めたのが1時半頃、、、すでに満員!
そして女の子が着ている民族衣装と言うかここでは、ディエンドルと言うそうです。
私は今回着ませんでしたが、ほんとは着たかった!!
男の人は皮の半ズボンをはいています。
花火大会や夏祭りみたいに、日本の浴衣みたいな物ですね。
そして帰り道アルコールの濃度チェックをしてみました。(まだ明るいけど)だいたい7時頃です。
チェックしてたお兄さんが測る前に、その振る舞いから言っても1は超えてないな、
と言われたのですが、、、、
何と、1.25!!一緒に居た人は0.89だった。
同じ量飲んで、、、やはり体格の差でしょうか?
そして酔ってない振りがうまいな、と言われました。
塀のような所の上を歩いても落ちなかったし、平衡感覚はあるのです。
でもそんな所を歩く事がすでに酔っぱらいの行動だと私は思っていたんだけど、、、
その後、家についてからの数時間、記憶がありません。
人前では気が張っていたのか?帰り道にハシャギ過ぎたのか?
そう言えば遊園地にあるような乗り物にも乗ったんだった。。。