Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
スクーバダイビング、フリーダイビングや海の生き物たちに関することについては
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) にも書いています。
ありがとうございます。

Translate

2008年8月29日金曜日

延長申請大成功!

昨日ミュンヘンのKVRという所ヘアンドレアスと行って
12月の13日までの滞在許可を貰ってきました。
まず、前に行ったところと同じカウンターで整理番号をもらうため
そして必要書類を貰って記入し前に名刺を貰った係の方の部屋へ。
前日にそろえた書類(作成時間は約2時間かかりました。)
それと保険の証明書、パスポートを渡しアンドレアスは
担当の方とお話し、、、その間ドイツ語なので事の成り行きを
笑顔を絶やさず観察。
そしてパスポートを持って住民登録をするため別の部屋へ行きました。
また番号を引いてまつ事数分、自分の番が来たので部屋に入ると
あっという間に登録が済みました。
そしてまたもとの担当の方のデスクへ戻り更に住所記入や署名をし、
ではこれをもって窓口で証明書を貰ってくださいと一枚の紙を渡されました。
正確にはアンドレアスが手に取り料金はいくらなのかというような質問をしていました。
部屋からでるときアンドレアスが自分がまだ学生だから
タダにしてくれたよ、と言うのでした。
で、窓口に出す書類にも −コスト 0€− と印刷されていました。
それとアンドレアスいわく、ほんの3ヶ月半の延長だし日本人だし
他の国の人に比べたらこんなの簡単なケースだったんだよ、きっと。
と言う事でした。
もう皆様(アンドレアス、担当してくれたおじさま、初めにKVRに
一緒に居てくれたMちゃんなどなど)に感謝、感謝でございます。