Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
アプリからの更新が楽な為、最近は
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) 
とアメーバに書いています。
サイドバーのツイッターから飛べます。
ありがとうございます。

Translate

2009年2月17日火曜日

ピピ島からプーケットへ移動そしてビザ延長



ピピ島を出てプーケットへ戻ってきました。
日本を出てからベトナムにはいりバンコクからプーケットに飛び
フェリーを使ってピピ島へ。

沢山のお店が細い路地にひしめきあっていてちょっと想像と違っていましたが
ダイブショップに荷物を置いて宿探しに出かけました。
ヴァレンタイン バンガローに月14000バーツで宿をとり
Barakudaというダイブショップで働く事にしました。
ここでの話はまた後ほど載せる事にして、

昨日は10時まで仕事をしたあと、簡単に自分の機材を
部屋へ持ち帰り友達とおしゃべりをしていたら
ビザの期限が15日までだった事を発見!

12月18日に入国したのでてっきり
2月の17日18日までだと思い込んでいた。。。

ビザが切れると1日500バーツかかります。

で、今日ダイブショップでその事を話していると、
イミグレーションは土日は閉まっているので
今日の4時半に間に合えば500バーツ払わなくて済むとの事。

13時半のフェリーに乗り、ついたのが15時半頃、タクシーに乗り込み
ぎりぎりでイミグレーションにも間に合い、
3月17日まで滞在可能になりました。

友達がインストラクターコースを受けるショップに着き、
その後部屋を捜しに出かけ、エアコン付きテレビ付き冷蔵庫付き
バルコニー付きの部屋を見つけ、しかもお部屋でネットが出来る!
ビーチにはかなり遠く車やバイクがブンブン走っていますが
プールもついていてお部屋はかなり快適です。
ここプーケットはビザがないと働けないのでファンダイブを楽しむ事にします
シミラン!!楽しみです。