Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい場所が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思っています。

アプリからの更新が楽な為、只今はこちらのブログ
  - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) とアメーバで更新中です。サイドバーのツイッターから飛べます。

各地でのフリーダイビングの講習も|インスタグラム @lifeaquaticmarikagaya にて|受け付けています。

ありがとうございます。

Translate

2009年2月1日日曜日

遭難しかける? 続き


ウニをキックしてしまった後、

がんばって泳ごうとしても膝を思うように曲げられなくなって
しまったので、友達に引っ張ってもらっていると、
数人の旅行者らしき人たちがスピードボートで近くまでやってきました。

どうやら貸切でパーティーをしているようだったので近くまで泳いでいって
話しかけたら乗せてくれるというのでお言葉に甘え乗り込むと
カナダ人の旅行者でした。みんなウニの傷を見るなり、!!!毒はあるの?
と聞いてきて、膝から突き出ているとげをとろうとする私に
「うわー触らないほうがいいよ、ピンセットとかで抜かないと!」
とは、言ってくれますが膝を動かすたびに中に入っていくのでもぎ取ったほうが
いいようなのでそうしていると皆さん遠巻きに眺めておりました。

遠浅のビーチについて担がれながらダイブショップまで戻り、
傷を見せたら、レモンをこすり付けると良いということでそのようにしていると
いくらかウニの棘が抜けてきました。
でも1センチくらい入り込んでるものは抜けてくれません。
もうひとつよい方法があるんだけど、すごく痛いのよねー。
といわれ聞くと、氷で冷やして麻痺させたあと棘のところを思いっきりたたいて
砕いてしまうと早く体に溶け込んでしまうんだそうです。(カルシウムなんだそうです)
その後またレモンを刷り込むと良いといわれ、意を決して氷をひざに乗せることに。

次の日はほぼ一日中レモンを刷り込んでいると夕方にはすっかり膝も曲げられて
歩くのもびっこを引かなくなりました。
ショップにみんなもこんなに治りが早いのは見たことない!と感心しておりました。
異体の我慢して叩いた甲斐があった!

という事で明日はダイビングに行きます!