Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
スクーバダイビング、フリーダイビングや海の生き物たちに関することについては
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) にも書いています。
ありがとうございます。

Translate

2010年4月20日火曜日

Baby Mobula Ray! モビュラに遭遇

今日は昨日オープンウォーターのライセンス修得を終了したゲストとダイビングしました。

彼氏がアドバンスのライセンスを持っているのでこの機会に彼女にもとらせようという事で始めたダイビングでしたが、マスクスキルにちょっと難を示したものの無事終了できました。
彼女は日本語ぺらぺらのカナダ人、日本でモデルもした事あるそうです。(資生堂とブリジストンだそうで、しかもブリジストンのウェットスーツだって!)時々日本語で、あれっ?ちがう?とかまり先生!ありがとう。と言われるのです。
そして、講習中のボートダイビングのときは彼も一緒に付いてきました。

で、、、ここでは結構珍しい亀2匹がえさ場の奪い合いの喧嘩場面に遭遇したり、巨大なNurs sharkに遭遇したりしていたので彼は、初めてボートでダイビングに来てこんなにいろいろ見れてラッキーだなー!と言っていたのですが、、、

今日は30センチくらいの小さな赤ちゃんマンタが25分ほど私たちのそばに付いてきました。
正確にはMobula rayで、小さめのマンタという感じです。
あれだけそばでジーッと観察できたのは初めてだったのでいつも見かけるマンタと何処がどう違うのかがよーく分かりました。

まず、目とその周りが違います、そしてヒレの前の方の縁がが白くてほかは濃い色です。
しっぽの前にあるヒレに白いはんてんがありました。(これは個体で違うのかも?)

そして2本目は13匹のマダラトビエイに遭遇したのです。
私も、この子とってもラッキーなんじゃないかなー、と思ってしまった。

実は1本目、彼氏は買ったばかりのマスクが気に入らないと言って、もうダイビングを中止すると言ったのです、それで安全停止をして浮上しました。(潜水時間20分ほど)
マスクを変えて戻ろうか?と言うと、透明度も良くないしつまらなそうだからボクはボートに戻ると言って彼女は私はもっと潜りたい早く戻ろうよー!というので再度潜行した後に見たのです。

ほんの少しのタイミングの差で同じときにダイビングしていた他のグループは見ていないのです。2本目のマダラトビエイも他のグループは2匹しか見ていないの。
本当に不思議。