Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
アプリからの更新が楽な為、最近は
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) 
とアメーバに書いています。
サイドバーのツイッターから飛べます。
ありがとうございます。

Translate

2011年7月20日水曜日

モルディブの無人島にて

ロビンソンクラブではエクスカーションでピクニックアイランドへ行く事ができます。
無人島で島の真ん中はジャングルみたいになっていて、どうなっているのか分かりませんがここへは私の誕生日の夜に行った事がありました。
それでつい最近のお休みの時、午後からディンギー(小さなボート)を使ってダイビング機材持参で出かけました。
ダイビングはこの島ではした事がなかったのでちょっとだけ期待していたのですが、、、イマイチでした。
ロビンソンのハウスリーフの方がずっと良かった。
でも、この日ボートを運転してくれたスタッフが島の中へはいって行って、戻って来たら小さな鳥の赤ちゃんを持って来たんです。
その人いわくこの鳥は普通、地底2mの穴に住んでいるんだとか。
でも見つけた時は地上に居たそうです。

リゾートに持って行く?育てればいいんじゃないの、と聞かれ迷ったんですが自然においておいた方がいいよね。。。
と思いジャングルの入り口において来ました。


元気に育ってくれ〜

で、帰って来てから数人に話したら、なんで持って来なかったんだ〜!
その鳥は飼っていたら人の言葉を覚えるんだぞー、とか。
それは大人になると白い鳥で鳩みたいに逃げずに帰ってくるから放し飼いで飼えるんだぞ〜とか、、、いろいろ言われましたがイマイチ信用出来ん!
この鳥の成長した姿、知っていますか?