Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
アプリからの更新が楽な為、最近は
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) 
とアメーバに書いています。
サイドバーのツイッターから飛べます。
ありがとうございます。

Translate

2012年6月24日日曜日

ゲストが持って来たウィルス

ここ2週間ほど前に体調を崩す人が沢山いました。
スタッフ、ゲストに関わらず具合が悪くなっていて、何が原因なの?
食べ物かな?水なのかな?でも、同じものを食べていても何ともない人と
具合が悪くなっている人がいて、とても不思議だったんですが。
症状は2−3日で治まるんです。
吐く人と下る人、、、それで近くのローカルの島の病院で調べたら
ドイツから来たゲストが持って来たウィルスだと判明したのでした。。。
 で、スタッフは考えてみたらゲストと接する機会が多い人が具合悪くなっていました。

ウィルスを持っている人が食器を触ったりテーブルに手をついたりした後に
同じ椅子に座ったりすると感染してしまったらしい。
そして、今はぴたりと誰も具合が悪い人がいません。。。
何だったんだろう、と言う感じです。

免疫のある人?というか抵抗力のある人は同じ部屋にいても大丈夫だったようで、
カップルでも一人だけ具合が悪くてもう一人は平気だったりして。

それにしても、今は誰も具合悪くなくって、、、感染するのってどうやって引いて行くんでしょうか?
自然に効力が弱まって行くのでしょうか?
不思議だ。