Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
スクーバダイビング、フリーダイビングや海の生き物たちに関することについては
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) にも書いています。
ありがとうございます。

Translate

2015年7月8日水曜日

モルディブの朝に、小さなチャレンジ?それとも発見?

私は可能であれば毎朝、日の出の時間にビーチに座って瞑想をします。
大抵、日が昇る頃何組かの中国人カップルがカメラを構えて撮影会をしています。
日が出てから15分から20分後には大抵誰もいなくなります。


私は普段なるべく、少し目立たないところにいるのですが今日はちょっと前に出すぎていたのか?
私を挟んで二組のカップルが大声で叫びあっていました。
なぜそんなに大声で?と思うような音量で私はちょっと離れることにしましたが
なぜかその動いたほうへこの二組が動いてきて更に大きな声でおしゃべりしています。

私が動けば良い話ですから、移動したのですが
移動したらしたでまた別のカップルかな?近くを歩いてきてまた立ち止まって目の前で話しています。

うーん、これはきっと私に与えられた試練?
今日は何処まで雑音を無視していられるかのチャレンジの日?
と思いながらふらふら歩いていたら、
ちょうど良いサイズで座れるようになって いるヤシの木を発見しました。

朝日を浴びた後この場所に移動して瞑想したらいいんだな、と言うことですね。
と思いつつ静かなスポット発見の朝でした。