Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
スクーバダイビング、フリーダイビングや海の生き物たちに関することについては
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) にも書いています。
ありがとうございます。

Translate

2015年7月30日木曜日

最近のがっかりな出来事

これが日本人的な手段、と言ってしまえばそれまでですが。

旅行会社に不利になる情報はたとえ後でクレームになりそうなことでもお客さんには内緒にするんだ、ということを目の当たりで経験しました。

私は来てからがっかりされるのは残念に思うし、楽しんで過ごしてもらいたい、
と思って普段このブログを書いています。
リゾートからの規制がかからない限り、
日々の情報を常識ある範囲でここで伝えておりました。

やはり旬の情報はそこにいる人が一番伝えやすいし、それが故に他からコラムの依頼などもいただくのだと思います。

モルディブのリゾートに来られる方は大抵調べていらっしゃるようですね。。。
私のエントリー、そんなに影響力があったのですかね?
とぉーまわしに旅行会社の方が正直な状況を書かないで(的な?)だったかな?
削除してほしいと言われたエントリーがありました。

しかも、わざわざリゾートのセールス/リザベーション経由で聞かされまして、
(リゾート側もこれには引いていましたが)とても寂しく思いました。

日本の旅行会社はドイツやヨーロッパの旅行会社とはまったく正反対ですね。
ドイツの旅行会社では工事現場にゲストはを送ってはいけないとか色々規則があるようです。
クレームになうるからでしょうね、
きっとお国柄や民族性があると思いますが「大金払って行ったのに話が違う!
旅行代返せ」となるのでしょう。

リゾートで停電が続いたりすると日本人以外はすぐにクレームになり
その国のスタッフは頭を抱えているのを見ていて、
その辺日本人は帰ってからクレーム出すんだそうです。
GROのスタッフや旅行会社の現地スタッフから時々そんな話を聞きます。
リゾート側からするとその場でいってもらた方が対処できるのに、というのを聞きます。

とは言うものの 実際のところ日本の旅行会社は
「そちらが悪いんだから謝れ」と、お客さんに言われても、
それが会社の落ち度だったとしても、謝りたくない、
自分たちの非を認めたくないそうです。

すごいですよね、これが今の 日本の社会/日本の常識なのかしら?

しかも、私がゲストに何か言ったからクレームになった的な感じで
「まりさん何か言いました?」と聞かれたときにはこれが日本人?
と、呆れてしまいました。
というかもうここ辞めよう、って思いましたね。
これが良いきっかけだったかも?

私のお友達が最近話していた、
日本にあった武士道という基本的なものが
いまの日本にはもうないんだなと思わせる出来事でした。

とは言うものの、これからは本物しか生き残れない時代ではないでしょうか?
だって嘘はいずれバレるんですから、なんて思うこともあります。

では、Be Happy~