Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
アプリからの更新が楽な為、最近は
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) 
とアメーバに書いています。
サイドバーのツイッターから飛べます。
ありがとうございます。

Translate

2016年2月10日水曜日

アナンタラのラグーンでサンゴの移植

昨日と今日はサンゴの移植を試みました。
ラグーンの中にある小さな島のすぐ目の前には、たくさんの枝サンゴが群生しているのですが、浅瀬のサンゴが砂に埋もれていて、そうなるとサンゴは死んでしまうのです。
そこで、その死にそうなサンゴを別の場所へ移動する事になり私ともう一人のインストラクターとで地道に砂を掘りサンゴ救出作戦!
サンゴを掘り始めるとすぐにストレスから粘液を出し始めました。
ごめんねぇ〜 攻撃してるんじゃないのよぉ〜と思いつつ
そーっとバケツへ移動しますが魚も何だ何だ?どうしたんだ?
と言う様にアタフタしていました。
魚によってはこちらをじーっと見て手を伸ばすと威嚇してくるものもいます。
ごめんね〜、住処を荒らしてるよね〜じゃぁここはやめておこう。。。
と思い今日は別の場所のサンゴを移動しました。
魚の赤ちゃんたちにとって格好の隠れ家の様で幼魚がたくさんいました。

時間が限られているのでほんの少ししかできませんでしたが
移動したサンゴにはすでに魚が集まっていました。