Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
アプリからの更新が楽な為、最近は
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) 
とアメーバに書いています。
サイドバーのツイッターから飛べます。
ありがとうございます。

Translate

2016年9月2日金曜日

今日は新月、新しい世界?

日本では台風が来ているとのことですが、
被害に遭われている方の地域が早く回復すると良いですね。

こちら、モルディブもずーっと天気が安定していません。
毎日色々なアクティビティがキャンセルになり、
船がなかなか出せません。

でも、雨が降って水温が下がり、
波が海をかき混ぜてくれたおかげでサンゴが回復してきています。

先日ラグーン内のサンゴをチェックしていたら
ほとんど死滅していましたが、生き残っているサンゴがいて
種類によってすぐに育つものとダメージをすぐに受けてしまう個体があるんだなぁ
と気がつきました。

そしていくら私たちがサンゴを移植しても水温が上がればまた死んでしまう。
浅瀬では、特にラグーンでは水の動きにかきりがあるので無理があるんだと思いました。

自然の中でうまく出来上がった地形を私たちの都合で変えても
ある程度は変えられても自然と元に押し戻されてしまう、
私はそれはそれで良いと思いました。

自然と共存して生きる、地球が必死になって元に戻そうとする
それを手助けできたら良いなぁと思いました。