Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
アプリからの更新が楽な為、最近は
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) 
とアメーバに書いています。
サイドバーのツイッターから飛べます。
ありがとうございます。

Translate

2009年9月13日日曜日

ダイヤモンドのブレスレットをしたまま水上スキーは止めましょう。

昨日、ゲストが水上スキーがしたいと言ってダイブセンターへやってきました。
旦那さんは今オープンウォーターのコースを受けていて、奥さんはウォータースキーと日光浴、
それからスパへ通うのが好きなようです。

...そして悲劇は数十分後起きました。

奥さんダイヤモンドのブレスレットつけたまま水上スキーをしていてそれを落としてしまったのです!!
前回するときにもスタッフが外すように勧めたのですが「だいじょうぶよ。」と言って着けてやっていたのです。
今回は大丈夫じゃなかった。

インストラクターの一人がスクーバで探すことにしました。1回目は見つからず。
今日私も一緒に探しに出かけました。
以前ゲストが結婚指輪を落としてそれを見つけたことがありますが、条件が今回厳しいです。
まず見ていないのでどんなデザインかわからないのですが何となく想像してきっとプラチナかなんかのチェーンにダイヤが付いてる感じかな?とイメージトレーニング。
場所はラグーン、砂地です。
ゲストが落としたと思われるポイントで潜行して行くと約12mほどの深さ。
砂と言うよりも泥のような白ーい粉、そこで貝類がその砂の中で噴水のように細かな砂を吐き出していて小さな山がたくさん出来ています。
ちょっと試しに私の指示棒を落としてみると見事に10cmくらい埋まってしまいます。
...コンパスを頼りにエクスパンドスクエアーでぐるぐると80分くらい探していきましたが見つかりませんでした。

明日もう一回くらい時間があれば探しにでますが、、、
見つけてあげたいけどほぼ砂に埋まっている可能性が大です。