Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
アプリからの更新が楽な為、最近は
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) 
とアメーバに書いています。
サイドバーのツイッターから飛べます。
ありがとうございます。

Translate

2009年12月2日水曜日

フバフェンフシのドリーム・ドーニでダイビング

この数日ダイビングのボートが故障中ということでサンセットクルーズなどに使うドリーム・ドーニでダイビングに行っています。
ベットルームも有りシャワールームもきれい、そしてゆったりくつろげるスペースがボートの前にあるのでゲストは気に入ってくれています。(あっ、でもベッドで寝てる人は居ませんが)

でも、このボートが遅いのです。
だからちょっと遠くのサイトへはいけないのが難点。

そしてこんなときに限ってダイバーが8人も!(ここでは6人も居たらすごいたくさん居るほうなのです。)
普段は3−4人、いや一人か二人なんてことがざらなのです。
ほかのモルディブのリゾートと比べるとかなり少ないと思います。
ダイブサイトで見かけると大体7−8人のダイバーにガイドが一人という感じですが、ここではゲスト二人に一人のガイドが付く感じです。

・・・で限られたダイブサイトの中から選んでおりましたが明日からはダイビングボートが復活のようです。
ゲスト的にはこれはちょっとがっかりなのかも?

日本人のゲストは減ってきていますが何だかばたばたと忙しく、かと言えばだーれもゲストが来なかったりです。
急に短時間に忙しいあまりにうっかりゲストに失礼な事していそうでちょっと心配だったりします。

そういえば、最近このブログを見ました。と言ってくださるゲストが居てかなり嬉しいです。
でも、会ってがっかりしたと言われてしまいそうで、怖かったりもします。
そう言われないようにしなきゃ!

実は昨日ゲストに「ずーっとモルディブ/海外なのですか?」と聞かれ日本を出て8年になりますと言ったら「変わっているんだな」と言われてしまった!
えーん、やっぱりそうですかー。苦笑するしかありませんでした。

今日は何だかとりとめの無い内容でしたが、最後まで読んでくれてありがとうございました。