Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
スクーバダイビング、フリーダイビングや海の生き物たちに関することについては
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) にも書いています。
ありがとうございます。

Translate

2010年7月14日水曜日

Life over the Leh Ladakh インドについて12日が経ちました。

-->
レーについて3日が経ちました。
今日はヨガとメディテーションのクラスをチェックしてみました。
そして昨日は途中まで行って止めたLeh Palace に行ってきました。
そのすぐ近くにゴンパやさらに高い所にある建物へも行こうかと思ったけどちょっと暑すぎて止めました。明日はもう少し薄着して行きます。
昨日近くにあるGomang Stupaと言う所へ上ったら日本人に会いました。
その人はここ4回目で初めて来たのが95年だそうです。その時位からバイクをインドに置いてあるんだそうです。写真を撮るために来ているようでした。
それと昨日日本人を装った韓国人を見ました。
韓国語で話しかけてきたインド人に日本語で返事を返して、そしたら喜んだインド人がもっと日本語で話したらそのまま無視して立ち去って行っていました。

そういえば。。。
私マナリに居るときに韓国人の女の子と知り合ってちょっとお買い物一緒に行ったら皆私たちを韓国人だと思って皆接するんだけど、ちょっとした拍子にお店の人があれ?あなた日本人?と聞いてきて何で分かったの?って聞いたら日本人の方が気配りがあるから、だって。それを聞いた韓国の子がムッとしたら店員さん「だって事実だもんしょうがないよ。」と言っていました。

話をレーに戻しますが、ここはインダス川が近くを流れていて水がいっぱいあります。電気が時々しか来ないので機械を使うよりも皆手作業です。
そして川で洗濯をしている光景が見られます。
じいさんは山へ芝刈りにばあさんは川で洗濯、って感じですよ。
で、私も洗濯物が山のようにたまっていたのでランドリーに出そうかなと思っていたのですが、ゲストハウスの人に話したら自分で川で洗っても良いよと言われました。ゲストハウスの敷地内の洗濯場があるのですが すすぎは川でした方が良いんだそうです。でも、川の水すんごく冷たいの!

実は床葺きとか自分のTシャツ1枚ぞうきんにおろして、部屋の掃除も自分でしているんですがその時も、お掃除で使うゴム手袋を持参していたのでそれを早速使っています。モルディブではあまり使わなかったけど持ってきてよかった!
ここに居る間はかなりお世話になりそうです。
で、湿気が無い+日差しが強いのですぐ乾きます。心無しか一回洗っただけで色が褪せてしまった感じもします。
カビの心配をしていたモルディブとは全く逆ですね。
リップクリームの減る量が半端じゃないです、そしてちょっと風邪気味で鼻水が出るので鼻をかみすぎて鼻の下がガサガサになってしまいました。
坂の上り下りでお尻が筋肉痛です。
のんびりしているつもりですが景色がいいのであちこち歩いていると結構体力消耗しているのか夕方すごく眠くなります。
気圧が低いのですぐドキドキします。でも、頭痛は治まりました。
朝のチベット体操も時間をゆっくりかけてやっています。

何だか旅行の話とはかけ離れてしまいましたが環境の変化に対応しようと頑張っております。
ここに来るまでの道が長かったので何だか人里離れた所ヘ行くんだと言う気がしていたのに思っていたよりも観光客が多くて、お土産屋さんがいっぱい有って秘境って感じではないです。

ピピ島へ来た時と少し似ている感じがします。昔は何にも無かったのに、って言う感じ。

でも、ちょっと目を遠くへやるとすばらしい景色が広がっている。。。