Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
アプリからの更新が楽な為、最近は
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) 
とアメーバに書いています。
サイドバーのツイッターから飛べます。
ありがとうございます。

Translate

2011年3月16日水曜日

日本、がんばって。

3月11日、この日は午前中ダイビングがありました。
日本との時差は4時間、ダイビングは9時半出発でした。
帰ってきたのは12時近く、機材を洗ったりしている時、どこかで津波があったらしいと言われました。
そしてほかの人が、日本で地震があったみたいだけど、大丈夫か?
部屋に帰って早速NHKをつけてみたら、!!!!Twitterもチェックした。
すぐに秋田に実家に電話をしても、、、繋がらない。
東京の妹に電話しても繋がらない!

皆が心配そうに話しかけてきた。
翌日、ようやく妹と連絡が取れた。。。

今、世界中が注目していて、私もたくさんの友達から安否を気遣うメールをもらいました。
日本は凄いって言う記事もたくさん読んでます。
こんなときに悪事を行う人が居なくて皆助け合っているって。。。
日本人である事に誇りを感じています。

でも、それだけではなく、私に何か出来る事はないのか?、、、もどかしく感じる毎日です。
そして震災で奪われた命をなくした方々のご冥福を祈ると共に、今まさに救助を待っている人が一刻も早く助かりますように、被災した方が安堵出来る日か早く来ますようにお祈り申し上げます。