Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
アプリからの更新が楽な為、最近は
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) 
とアメーバに書いています。
サイドバーのツイッターから飛べます。
ありがとうございます。

Translate

2011年3月6日日曜日

モルディブで ナイトスノーケル

今日はナイトスノーケルに行ってきました。18:30~19:30の1時間!

前回のローカルアイランドも中国人のゲストでしたが、今回も中国の方3名。
この3名様、ナイトスノーケルは今回が初めてで、英語はほとんど話せません。
なのでまた中国人GROに通訳に入ってもらってブリーフィングをしました。
亀が見たい!と言うリクエストものもと、いざ水へ飛び込むと、暗いこともあってちょっと焦っておりましたが亀2匹見つけました。
1匹は既に岩の間に頭を突っ込んで寝ていましたよ。
ロブスターもでかいのがいっぱい居ました。
サメも居たんですがちょうどエントリーしたてのときだったので、ゲストは見逃してしまったようです。
私にとっては久々のナイトスノーケルでした。
ほかのスタッフはあまり行きたくないようでしたが私はナイトスノーケル好きです。
本当はもう少し遅く行った方がもっといろいろ見れるんですけどね〜

追記

夕方はお魚が寝床を探しているので日中見れるブダイとかは岩や珊瑚の陰に隠れています。
そして、夜になると活発に動く魚がちらほら出てきます。
亀も寝床を探して泳いでいますが、暗くなると岩の陰で寝ています。
そしてエビや蟹、ロブスターが出てきます。
エビはライトを当てると目がキラキラ光っています。
昼間には見れないものが見れるのとライトで珊瑚の色がはっきり分かりますよ。
ナイトダイビングもそうです。