Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
アプリからの更新が楽な為、最近は
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) 
とアメーバに書いています。
サイドバーのツイッターから飛べます。
ありがとうございます。

Translate

2011年10月9日日曜日

オウムの赤ちゃんが来た!

5日ほど前、ウォータースポーツのスタッフがオウムの赤ちゃんをマーレから連れて来ました。手のひらにすっぽり入るくらい小さい!
そしてまだきちんと羽が生えてなくてちょっとみすぼらしいんだけど、それがまたかわいい感じ。
彼らはKaroと名付けていました。
新しいインストラクターの名前と同じ、、、皆でカロー、カローと呼んでます。
自分の名前が分かって来たようですよ。
手に乗せてるとうとうと眠ったりしてすっかり私たちになれています。
顔の辺りをなでると目をつむって気持ち良さそうにします。
写真はつれて来た翌日、良ーく見ると顔の周りはオレンジと黄色、翼は緑でシッポは青い羽が少しずつ伸びて来ていて、日に日に大きくなって来てます。

飛べる日が来るのはいつでしょうね。
1ヶ月もしたら立派なオウムになるのではないかな〜。。。
肩とか手のひらとかに乗っかってじーっとしています。
そしてこれが今日撮った写真 、既に大きさが違う!

カメラ目線ですか?

ここには既に2羽のオウムが居ます。。。
(すべてのロビンソンクラブにオウムがマスコットとしているらしい)
彼らも時々外で飛び回っていますが、ちゃんとお家に帰れと言うと大きな檻に帰ります。