Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
アプリからの更新が楽な為、最近は
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) 
とアメーバに書いています。
サイドバーのツイッターから飛べます。
ありがとうございます。

Translate

2009年5月26日火曜日

旅の思い出


今日もミュンヘンは快晴です.
昨日は暑くって五月ですが タンクトップにショートパンツで過しました。

今日は久々に,と言うかコチラへ戻ってきて初めて(?)
ちょっと人が沢山居るところへ出かけてみようと思います。

要するに街をぶらぶらお散歩ですが。

話は変わりますが、今日カメラに残っていたメモリーを整理していたら

また日本で撮った写真が残っていたので見てみるとこんな写真がありました。

これはバスで移動中にハンガリー人の友達が高速のパーキングのトイレで見つけて撮ったのでしたが、
 撮ってすぐこれを私に見せて『トイレを間違って座る人っていうのは居るのか?!』
と疑問を投げかけてきました。
うーん,確かにタイではよくタイ人が便器の上に足をのせてう◯こ座りで用を足すのは知っていたけど
(彼らが使ったあとに入ると便器の縁に泥がついてるのですぐ分かる)
だからどうしても腰を浮かして使わないといけない、でも,日本ではねー?
しかもこれは逆向きに座っている絵もあるし。
ところで日本の公衆トイレがウォシュレットになっていたのに私は感動しました。
これで逆に座って使用したら機械のところにお◯っこがかかってしまいますね。
だからまぁ,念には念をという事なのでしょうか?
このウォシュレット、
日本からこっちに持って来る人けっこう居るようですよ。
 ウォシュレット、いいものなのでしょうか?
あの水は清潔なものなの?