Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
スクーバダイビング、フリーダイビングや海の生き物たちに関することについては
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) にも書いています。
ありがとうございます。

Translate

2010年8月16日月曜日

やっと電気が戻ってきた,Leh にて

-->
最近は夜に電気が34時間来るようになりホットシャワーも浴びられるようになりました。
スリナガルヘ行くバスがこの2日ほど前からチケットを売り出し、朝5時出発のガバメント・バスで800ルピーだそうです。
ジープやミニバスをチャーターする事もできるらしい。
でもガバメント・バスの方が安いのでそれで行く人が多いようです。
私の友達3人も明日このバスでスリナガル方面へ向けて出発するそうです、そして彼らの計画によるとスリナガルの手前の何処かで降りてそこからトレッキングをするそうです。
その後ダラムサラへ向かうという事だそうです。
私も誘われていますが、寝袋がないし、荷物が沢山あるので辞退しました。
今日チケットを買いに行くそうです。

予定では今夜のディナーが4人一緒に過ごす最後の夜になります。
Happy Worldへは、私一人だといつもお昼に行くのでまたそのパターンに戻り、夜7時か8時にはゲストハウスでのんびり過ごす日々に戻りそうです。

マナリ行きのバスも売り出していますが昨日は途中で引き返してきたそうでまた何処かの道が塞がってしまったようです。しかも通常のルートではなく遠回りをして行くので料金も高く2000ルピーくらいだそうです。当然時間もかかります。

カシミールから来ているお土産屋さんのお兄さんたちもお客さんが激減してしまったのでスリナガルへ帰ると言っています。
天気が安定していないのでマナリから旅行者が来るとはみんな思えないようです。
各国の大使館はレーを離れるように勧めています。
カシミールの彼らは大抵「お茶飲まないか?座ってちょっと話して行け。」とナンパするかのように話しかけてきます。(昔はそうやってナンパする人が居たけど、今はどうなのかしら?)
昨日も毎日誘われているお兄さんにとうとう根負けしてお店でチャイを頂きました。
彼は始め私は中国人だと思ったそうです。
私はお土産屋さんの前では声をかけられないように早足で歩くので(つい顔も緊張していたのかも?)怒っているように見えたそうです。
でもその斜め向かいにいつも居る靴磨きのおじさんとは挨拶を交わしていました。
それを見ていたお兄さんは私は中国人ではないと思うようになったそうです。
よくわからないけど彼らはとても観察しています。汗
で、彼は日本人のお嫁さんが欲しいそうです。
私はインタビューを受けてしまったわけですが、諦めていただきました。(次の稼ぎ場所のゴアで頑張って見つけてください。)
でも、私はモルディブで仕事をしているんですが彼の稼ぎはその給料よりも良かった。!!!ちょっと悔しい顔をしてみせると嬉しそうに笑っていました。

そして、どうやら彼らは大抵ちゃんとした誕生日が分からないようです。
テロで家が燃えて記録が無くなってしまって、生まれた年しか分からない人が多いみたいです。
 IDカードにも西暦しか記入されていなくて月と日にちは××となっていました。
その年だってどうやらあやしい感じです。

話は大きく変わりますが今私の居るゲストハウスでおととい朝7時半に子牛が産まれました!始めてみた生まれたての子牛!かわいいです。
一緒に写真を撮ってしまった。
ウシにしたら小さいですが、こんなのがお腹に入っていたなんてと思うくらい結構大きい。
お母さん牛と一緒に居ると一日中ミルクを飲んでtoo muchだそうで朝になると夕方まで子牛はゲストハウスの敷地に離されます。
お母さん牛は子牛を呼んでモーモー言っています。
子牛も時々鳴いていますが大抵は寝て居ます。
絞り立てのミルク、子供が産まれたばかりのときは黄色くて脂っこくてバダーみたいでした。
昨日のミルクはちょっと白っぽくなってきていた。
実はもうすぐもう1匹の牛も赤ちゃんを産むそうです。
ここには今4匹の牛が居ます。牛の顔って目がくりっとして結構かわいいんですよね。
耳も大きくて馬よりかわいい。

久々にほのぼのとした日を過ごしています。