Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
スクーバダイビング、フリーダイビングや海の生き物たちに関することについては
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) にも書いています。
ありがとうございます。

Translate

2010年8月17日火曜日

Leh ー旅行者が減ってきていますー

今日は日本語が打てるpcが使えます。やったー!
昨日に引き続き旅行者がぐんと減っている気がします。

そしてまた、マナリの道路が開通したようです。
とっても人が少なくてローシーズンのようで私はのんびりしていますが
地元の人たちには痛手のようです。
子牛と一緒に日向ぼっこして、川で洗濯しています。

ネットにもこのように簡単にほとんど待たずに使えるようになり、私はすっかりもとの生活に
戻っています。
昨日まで仲良くしていたお友達3人は今朝早くここを出発しました。
スリナガルの手前でバスを下車してトレッキングを6日ほどする予定のようです。
(無事トレッキングから帰って来て、スリナガルを通過できることを祈っています。
結構寂しかったりして、一緒に行けばよかったかなぁ?)

日本人の方は今のところ一人知り合いがいるだけで
今まで時々話していた人たちもすっかり姿を消してしまいました。
ここにトレッキングの目的で来ていた人もトレッキングはできないとわかると
さっさと出て行ってしまったようです。

ボランティアのお手伝いをしようかとも思っていましたが、友達が炎天下でショベルを使って腰より高い泥をかきだして具合が悪くなっていたのを見てちょっとビビッテいます。