Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
アプリからの更新が楽な為、最近は
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) 
とアメーバに書いています。
サイドバーのツイッターから飛べます。
ありがとうございます。

Translate

2015年10月1日木曜日

フリーダイビング ベーシック/レベル1 コース

最近 毎日フリーダイビングを教えています。
急にたくさんの予約が入ったり、ポツリポツリと一人ずつだったりですが、
先月よりも海のコンディションが良くってレッスンを受けるには快適な環境です。

生徒さんは大抵オーストラリア人が多いですが、
ドイツ人やフランス人などのヨーロピアンも多いです。

日本人はなかなか見かけません、
アーメッドは日本人にとって知名度低いんでしょうかね?
アジア人はたまに韓国人やシンガポール人に出会います。
それともフリーダイビングが日本人には馴染みがないのかな?

ネットで予約してくる人もいますし、直接くる方もいますが
大抵口コミか、グーグルなどで調べてくるようです。

フリーダイビングはサーフィンする方にオススメです。
8月に一人日本人の方がライセンスを取りに来ていました。
その方はバリに1年のうち7ヶ月は居るんだそうです。
サーフィンするためにバリのDown South 方面に家があるそうです。
Down South 方面はサーフポイントが多いのでしょうね。

かなりサーフィンに役立つスキルを覚えられたと喜んでおられました。