Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
アプリからの更新が楽な為、最近は
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) 
とアメーバに書いています。
サイドバーのツイッターから飛べます。
ありがとうございます。

Translate

2017年1月19日木曜日

ハワイ島にてイルカと泳いで癒されています

イルカは無条件の愛を放っています。

でも、追いかけるのはかわいそう、と思っていたら
私が行ったボートはそばに止めて様子を見て、
そーっと海に入って向こうから来るのを待つように薦めていました。

日焼け止めも、海に入る最低20分前にぬって海に流れてしまわないようなルールがあるそうです。

私は塗りませんが、環境にいい日焼け止めもハワイにはあるようです。



ボートの周りで戯れるイルカたち

途中こんな子もいました、マダラトビエイの赤ちゃん!小さかった。

そして、一緒に泳いでくれたイルカたち、この子は妊婦さんでしたよ。

目があって、ちょっと目を細めたので笑ってくれたように見えました。
あぁ〜、なんて幸せな気分にさせてくれるのでしょうか。

この後、
場所を変えたらスピナードルフィンが私の目の前でジャンプしてスピンを披露してくれました。

一緒に深く潜りたかった!
でも、スタッフの方にボートが行き交って危ないからフリーダイビングはしないように
と言われていたので我慢、我慢。

水温は低めで2mmのショートのウエットスーツを着ていて良かったです。

寒くてふるえているほっそりしたアメリカ人の男性は
一度ボートに上がったらタオルにくるまってずーっとボートにいました。

でも、ジャンプしているイルカの写真は撮れたのではないかなぁ、と思います。

明日はマウイ島へ向かいます。