Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
スクーバダイビング、フリーダイビングや海の生き物たちに関することについては
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) にも書いています。
ありがとうございます。

Translate

2009年8月8日土曜日

モルディブに着きました

ミュンヘンからデュッセルドルフ経由で無事マーレに到着しました。
入国に結構時間がかかり、荷物は既にベルトコンベアーの上にきれいに並べられていて自分のバックを見つけてカートに積んでx線チェックを通過して出口へと進んでいくと
なんと友達がクルーズ会社のカードを掲げてたっていました。
一瞬お互い驚いた顔で固まり、すぐの二人とも笑い出してハグ!
お互いモルディブで会うことは予想していたけどこんなにも簡単に合うなんて。
さらに二人ほどモルディブ人の知り合いにばったり会いました。
私を迎えにくる人はまだいなくて他の人に電話を借りたり、助けていただきました。

空港からマーレに行くドーニ(ボート)で、ふと自分の荷物をみていると、、、
あれ?鍵がなくなっている?でも中を調べることができないのでじっと我慢、
誰かがいつも運んでくれたので、
結局いろいろな手続きで自分の部屋に着くまでバッグに触れる機会がなかった。
で、中身を調べたけど無くなっているものはありませんでした。
きっとどこかの空港で積んだり下ろしたりしている間に鍵が壊れたのだと思います。
よかった。

前にいたところとはロケーションが違うのでちょっと雰囲気や部屋の感じも違います。

部屋でワイアレスのインターネットが使えるので便利!
(前はケーブル繋がないとだめでしかも遅かった)
部屋は前の方が広かった、でも今の方は机と椅子ゲット!
前は一日一食はゲストが利用するレストランで食事ができた。
ここはスタッフはすべてスタッフ用のカフェテリアで食事をします。
ダイブセンターは目の前がビーチ、ウォータースポーツセンターも隣。
前はダイビングセンターはちょっと奥に引っ込んでいました。
前はゲストが利用するバーやレストランへも行けたけどここでは誰か/ゲストの招待なしでは行けない。
今回のリゾートの方がグリーンが多いマングローブが入り組んでトンネルのようです。

まだ働いていないので今のところこんな感じです。あさってから働きます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。