Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
スクーバダイビング、フリーダイビングや海の生き物たちに関することについては
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) にも書いています。
ありがとうございます。

Translate

2009年8月20日木曜日

Gundolhi Faru ( グンドリ ファル)

午前中の1本目のダイブサイトはGundolhi Faruでした。
40分を過ぎた頃10m近い浅瀬にLeopard shark が砂地で休憩していました。
サイズは小さめで1mちょっとダイバーがじーっと見つめていたらゆーっくりと動き出しちょっと深めの方へ移動していきました。
水温は約28℃流れも少なくリラックスしたダイビングでした。
そして2本目、Rasfari Corner 1本目と打って変わってかなり流れていました。
流れているときは結構大物がみれますが今回も、White tip shark, Napoleon, Mable ray(穴の中で休憩), マイタイ(海亀)などが居ました。でも亀は流されないようにリーフにぴったりくっついて踏ん張っていました。
そして午後はイントロダクションダイブ、いわゆる体験ダイビングです。
かなり風と雨がありました が ハウスリーフは穏やかでした。
ほんの数時間で流れが全然違う、でも、ブナケンよりはましかな?
ゲストも前に来たときは雨期でもずーっと晴れていたのに今回は。。。という感じ。
2006年は11月がこんな感じでした。

そう、ゲストと言えば!今一人ロシア人のゲストがダイバーで居ますがその方は私が前に居たWの常連さん(私が去った後の)で前にWで働いていたと話したらちょっと話が盛り上がりました。
ダイブサイトのことやダイビングのスタッフの話などなんだか内輪話をしている感じ。
別のリゾートですがダイビングの会社は一緒なので基本的に同じスタイルでサービスをしていることやまあ、知り合いがいるので私としても競争心はあまりないのです。

そして、ここへ来てリゾートのスタッフは私が前にWに居たと聞くとココとどっちがいい?
と聞かれます。でもちょっと比べられない。
だって、こちらではゲストがどんなものを食べてるとかどんな部屋に泊まってるのか、どんな接客なのかみたことがないので。。。
で、趣向が違うリゾートなのでこれは好みの問題になってくるしコメントは控えています。

今のところ日本人のお客さんに聞くと、ココでほんとに良かったです。と言っている方がほとんどです。部屋数が少ないのでゲスト同士があまり出会わないのと一部屋に一人バトラーが付いているので至れり尽くせりのようです。
自分も一度お客様で過ごしてみたいものです。(タダならね)

今日もご訪問いただき、ありがとうございました。