Welcome to Life Aquatic


日本に住んでいた頃からお仕事の休みを頂いては旅行に出かけていました。
帰ってきたらまた次の旅行の計画。旅行をしながらその先々で働けないものか?

海が好き、暖かい国が好き、そんな国を転々としながら働ける仕事ってなんだろう?
ふと、ダイビングのインストラクター、という提案が浮かびました。
2001年8月に日本を出発してから長期在住型の旅をしています。
トルコから始まり、ヨーロッパに入り、アメリカに飛んでメキシコ、ベリース、グアテマラ、
そしてホンジュラスへ カリブ海の小さな島に約4年ほど過ごし、その後東南アジアを点々とし2006年5月にモルディブへ

モルディブや東南アジア周辺と時々ヨーロッパを行ったり来たり、最近はバリ島に居ることも増えました。

こうして皆さんと繋がり海の美しさ素晴らしさを伝えることができ
自然を守るというお役に立ちたいと思います。
アプリからの更新が楽な為、最近は
こちらのブログ - 海へ…LifeAquatic (marikagaya.com) 
とアメーバに書いています。
サイドバーのツイッターから飛べます。
ありがとうございます。

Translate

2010年12月7日火曜日

スリランカ日記11

今日も土砂降りの雨、ゲストハウスで出て来る朝食がいつもダイビングヘ行く時間に重なってしまいしかも雨が降っているのでまぁいいや、と部屋でのんびりしています。
スリランカでは日本語で打てるパソコンが見当たらないので部屋で書いています。
インターネットは1時間100ルピー。
1件には大体2-3台のパソコンしか置いてありません。
私の部屋の前は樹がうっそうと茂っているので鳥が沢山来ます。
野生の動物はあまり近くに来ないから、今回初めて双眼鏡が活躍しています。(もう14-5年前から持っているミノルタの双眼鏡、薄くて邪魔にならないから持っていましたが、ここで大活躍。)
そしてここでは1眼レフと望遠レンズがあったら最高だなーと思いました。
長期旅行を始める前、昔は1眼レフもって旅行していたけど今の私にはものが多すぎて無理です。

昨日、ついた日から気になっていたレストランヘ行ってみました。

JINA'S VEGETARIAN AND VEGAN RESTAURANT AT ZIMMER
というところ。

ここのメニューの1ページ目に、こんな事が書かれていました。
(書いてあったとおりに写しました)

the cook

In the Zen monasteries of Japan, China and Korea, to be a cook one should  be highly developed in spirituality. The cook should be able to concentrate and maintain a positive and friendly mental state. He (or she) should be happy with their work, content and mindful, and a tolerant and creatine individual. The food should be prepared in a state free from negative thoughts and emotional poison. Cooking should not be job-oriented, but done with interest and willingness. Food is vital for all and should be prepared with love and positive emotions; such food is a gift to the world. In this sort of way I try to make my food a gift to the world now and for years to come

i enjoy when preparing i enjoy by when giving,
& i enjoy after giving.

Gemunu Jinasena

素敵ですね。
これは料理だけではない、すべての仕事がそうではないかと、そうであればすばらしいと思います。
料理してくれた人の笑顔も素敵でしたよ、そして料理もおいしかったです。